Catharanthus roseus ‘Verano Blue’

catharanthus_roseus_VeranoBlue080822.jpg

学 名 Catharanthus roseus ‘Verano Blue’
カタランツス ロゼウス ’ベラノブルー’
異 名 Vinca rosea
ビンカ ロゼア
和 名 ニチニチソウ
英 名 Madagascar periwinkle マダガスカルペリウィンクル
科 名 キョウチクトウ科 Apocynaceae
属 名 カタランツス属(ニチニチソウ属) Catharanthus
分 類 非耐寒性一年草
大きさ H20cm x S30cm ~
撮影日 2008-08-09
北アフリカ、マダガスカル原産。春蒔きで初夏から咲きだす、生長の早い一年草。日本では一年草扱いだが、原産地では本来半低木となる。涼しげな紫の花が、夏の花壇に一服の清涼剤となる。発芽も容易なので気軽にタネ蒔きしたい。

‘ベラノブルー’という園芸名を‘Verano Blue’としたのは、Veranoがスペイン語で夏という意味があるということから、この園芸名の本当のスペリングかどうか不明ではあるが他のものと混同しないためにあえて記載した。


catharanthus_roseus_VeranoBlue080809.jpg

Comments are closed.