Cistus incanus

Cistus incanus
キスツス インカヌス (ロックローズ/シスタス)

2-3年前に播種した実生株だと思う。初開花。そして、去年頑張ったスポットのあるはずのピンクシルクは全滅だし、自家産ラダニフェルの実生株も全滅した。なんということか、地植えはもう1年待てばよかった。

Aquilegia buergeriana var. oxysepala

Aquilegia buergeriana var. oxysepala
アクイレギア ブエルゲリアナ オキシセパラ (オオヤマオダマキ) こぼれ種子から

ど根性オダマキがすっきりときれいに咲いている。土の肥えたところだと葉が大きくなりすぎたりして園芸種のよう。やせ地や排水の良い土壌のほうがすっきり咲くわ。

Cistus ladanifer

Cistus ladanifer
キスツス(シスタス) ラダニフェル (ロックローズ) ’06年産B&T残り種子
播種:2008.4.21 発芽:2008.5.6(2芽) ポット上げ:2008.7.1(4P)
コンテナ寄せ植え:2008.10.31(4P) 発芽:2009.3.23(2芽) ポット・鉢上げ:2009.4.7(9芽)
●地植え:2009.10.27(4P) ★鉢植え株地植え:2009.10.28(2株)  ●印の2株だけ摘芯:2010.3.15
★印に蕾確認:2010.3.21 開花:2010.5.11~ 摘芯:2010.6.10
★地植えした鉢で育てた株が開花:2012.5.6~ 鉢植えから地植えにした開花株を剪定:2012.5.31 
鉢植えから地植えにした開花株のうち別のもう1株を剪定:2012.6.4
剪定:2012.10.21 開花:2013.4.17~

二つの花は別の株。節間があいて葉の長さが長いのは花も直径10センチほどと大きい。後から地植えしたほうは節間が詰まって葉の長さも短く、花も直径6-7センチぐらいか。ただし花数は、毎年この節間の詰まったほうが多い。

Clematis patens

Clematis patens
クレマチス パテンス (カザグルマ) 野生種 東京山草会
播種:2005.5.9 発芽:2006.3.8 植替え:2006.4.29 プラ鉢分地植え:2007.4.27(2鉢)
開花:2010.5.7~ 開花:2011.5.2~ 開花:2012.5.6~ 開花:2012.4.25~

カイヅカイブキの生垣に絡んで上のほうで咲いている。つぼみがたくさん見えるが、脚立を使ってもバラがあるのでそばに寄れずうまく撮れない。

このタネが冬の間もついていたので1月ごろか、下にばらまいておいた。すると良く発芽しているわ。色味がないのがさみしくはあるが、もうタネ蒔きから12年で開花株となって7年も経つ。野生種のタネから育てたものは特に愛着がある。

Primula sieboldii (Yatsugatake)

Primula sieboldii (Yatsugatake)
プリムラ シーボルディ (八ヶ岳産タネから サクラソウ) systemさん
ポット播種:2004.6.12(2ポット) 発芽:2004.6.25 再発芽:2005.3.23
ポット上げ:2005.5.5(1芽) ポット増し:2005.6.17(5/5分の1芽)
ポット上げ:2005.6.17(2芽) 植替え:2005.10.21 開花:2006.4.14~
植替え:2010.1.19 植替え:2013.2.7 植替え:2014.1.26 開花:2014.4.13~

花芽が上がってきて「あっ」と八ヶ岳産野生のサクラソウと気づく。そして、最近は園芸種よりもすっきりして良いと思うようになった。肥料与えないでもこれだけ咲くんだから、サクラソウは毎年の植え替えさえ怠らなければ初心者にも維持しやすい。

今回も肥料で失敗した。芽が出始めて化成肥料を4粒置いたら焼けてきているのがいつくか。肥料やらないこのポットはイキイキ咲いている。反省!

Sisyrinchium graminoides

Sisyrinchium graminoides シシリンキウム グラミノイデス
syn. Sisyrinchium bermudiana シシリンキウム ベルムディアナ
syn. Sisyrinchium angustifolium シシリンキウム アングスティフォリウム

灰青の葉もきれいなのだが、花は小さくて紫色。
比較的大きめの花で水色の花がそろって咲くシシリンキウムがいいな。

讃岐一国参り 第67番札所 大興寺

第六十七番札所 大興寺(だいこうじ) 4月1日土曜日

【墨書】
右上: 奉納
中央: 薬師如来
左下: 小松尾山

【ご朱印】
右上: 第六十七番
中央: 変形印で周囲は火炎、中は蓮花台に梵字 
左下: 大興密寺


上:大興寺山門


上:右が大興寺本堂、左が納経所
山門を抜けて階段上がったところ。右が本堂で左が納経所だったが、青空屋さんへの道はこの納経所の左の道を通って寺を出る。後はまっすぐ。納経所の方に道を聞いたが良く知らないようだった。また、納経所裏に車を停めてお参りに来ていた方に聞いたがやはり地元でないので分からないと。。。地元の人でも自動車の道しか分からない方が多いので、やはり地図を見ないとだめだ。

JR本山駅 → 70番本山寺(もとやまじ)12:45着13:00発 → (予定:1時間38分6.1K、実際:1時間25分) → 67番大興寺(だいこうじ)14:25着14:50発 → (予定:1時間16分4.5K、実際1時間10分) → 民宿青空屋16:00着

平坦地では少し早めに歩けるが、上り坂では肩にザックが食い込む感じ。まだ1日目では重いザックを背負うことに慣れていない。大興寺さんに着く前に歩くのが嫌になってきた。急いでいるつもりでも大して時間短縮できてないので焦ってもいた。

そしてこれも慣れだろうが、地図を見る気がしない。だから道を間違ってばかり。気持ちが逸りザックを背負うと方向を確認もせず感ですぐに歩き出す。途中、唐突に地図を見たってなかなか目印が分からずに自分の位置が把握できない。人がいればさっさと道を尋ねる。なんとか青空屋さんに4時ごろたどり着いた。午前中は寒いくらいだったのに午後は日当たりを歩き、汗だくになった。景色を楽しもうと思ったが4回目の区切りでも一日目はゆとり無し。


上:へんろ小屋銭形

綺麗な龍の浮彫があるへんろ小屋だった。お隣には善根宿もあるそう。ありがたい感謝。こういうところでちょっと一息入れたいといつも思うが、一度ザックを下ろして座ったら立つのがおっくうになりそうで、よほどの距離がなければお寺以外では休まない。写真だけじゃなく、座ってみればよかったなと後で思う。

青空屋さんは2食付きで6500円。女将さん、御主人とも気持ちのいいお宿でしたからオリジナル手ぬぐいを記念に買いプラス500円。ご主人は40代くらいで猟友会で害獣駆除もなさっているそう。夕食時にはイノシシのハンバーグが出た。初めてイノシシ食べたが臭みもなく美味しかった。


上:青空屋さんの看板


上:青空屋さん玄関


上:青空屋さん夕食 刺身盛り合わせ、ふろふき大根ほか、中央には特製の梅酒が食前酒として。


上:青空屋さん夕食 てんぷら盛り合わせも熱々が供された。


上:青空屋さん夕食 これがイノシシのハンバーグ 小さめでちょうど良い大きさ、焼きたてが供されて美味!


上:六畳和室で大きい見晴らしの良い窓があり、こちらのご夫婦の気質を表しているような快活さがあった。


上:青空屋さん朝食 宿の隣に無料で使える洗濯機と乾燥機あり。感謝。

青空屋さんはお料理も美味しく1泊2食で6500円、女将さんご夫婦は気立てが良くて清潔、お勧めのお宿です。翌朝、雲辺寺方面へと続く遍路道への入り口をしっかり教えていただき、お見送りまでしてくださいました。また泊まりたいお宿です。

讃岐一国参り 第70番札所 本山寺

第七十番札所 本山寺(もとやまじ) 4月1日土曜日

【墨書】
右上: 奉納
中央: 馬頭観世音 (私には世があるように読めるが)
左下: 本山寺

【ご朱印】
右上: 七十番
中央: 変形印で蓮花台に梵字三文字 (馬頭観音の種字カン、阿弥陀如来の種字キリーク、薬師如来の種字バイだそうです・・・右から左に書くので右側の文字からだと思うが勉強不足)
左下: 香川縣三豊郡本山寺

1日目はエイプリフールだが分かりやすいので4月1日からとした。家を出るときから小雨が降っていたが服が濡れるほどでもなかったので、薄いダウンを着て駅まで7-8分は傘を差さずに歩いた。風はなく無事に飛行機が飛んでくれたのでありがたいと思った。

前回と同じ出発時間のジェットスターだったが、駅への到着時間が1時間ほど違っただけでLCCのセキュリティチェックはものすごい混雑だった。この時間帯は多くの便が離発着するらしい。

ジェットスターGK411便搭乗 → 高松空港着 → リムジンバス10:00発
リムジンバス40分 → JR高松駅発 サンポートリレー号 → JR本山駅下車

飛行機は順調に到着したがリムジンバス発車時刻まで15分ほどしか余裕なし。預け荷物がすぐに出てくることを祈った。数分でザックは出てきたがバスチケットの販売場所が建物内にあるのに気づかず、結局1本目のリムジンに乗れなかった。高松駅11:13発サンポートリレー号に乗れないと困るので焦って係の人に聞いたら、すぐに次のバスが来るとのこと。ホッと胸をなでおろす。高松駅のコンビニでパンを買い、無事にサンポートリレー号に乗る。電車は普通の車両だったので食べるの気まずい。本山駅まで順調に予定通りだった。

JR本山駅 → 70番本山寺(もとやまじ)12:45着13:00発 → (予定:1時間38分6.1K、実際:1時間25分) → 67番大興寺(だいこうじ)14:25着14:50発 → (予定:1時間16分4.5K、実際1時間10分) → 民宿青空屋16:00着


上:70番本山寺さん山門


上:70番本山寺さん境内

1日目の午後から10キロ歩く。少し強行だがやるしかないと意気込んでいた。今回はザックの重量もジェットスターのカウンターで計ったら8.7キロ。これも慣れだろう今までで最軽量だ。靴はダンロップのウォーキングシューズ。少し緩かったが指はすべてテーピングするし厚手のソックスを履く。歩いて行くうち浮腫んでもくるしちょうど良くなると。。。

讃岐一日目は66番雲辺寺さんからではなく、70番本山寺さんから。なぜかと言うと、まず宿には口コミの良い青空屋さんに泊まりたかったから。そしてもう2度と来ないかもしれないので2日目に豊稔池の石積みアーチダムも見学したいと思ったので。宿はもう1軒評判の良い岡田屋さんもあったが何しろ予約が取りにくいらしい。また、高松空港着の流れで1日目に観音寺付近で宿泊すると、豊稔池周遊で雲辺寺さんに間に合わない恐れがあったので、念のためここだけ逆回りにした。