光学ドライブは必要か

もう面倒クサイので買ってしまったよ光学ドライブとソフトを。

ちょうど1年前に買ったwin10のVAIO(モバイルにもなるタイプ)にはDVDドライブが付いてないので、古いwin7(確か2011年購入)のブルーレイドライブを使っていた。

けど、そのセブンはエクスプローラでファイル閲覧するぐらいでもちょっと急がせるとエラーが頻発していて、昨日はとうとうBlueScreenと言うエラーが発生した。

検索すると致命的エラーのことだそう。(x_x)

Windowsが立ち上がったと思ったらこのエラーが出て再起動を勝手に繰り返す

しばらく放っておいたけど停まるつもりはないらしく、このwin7 SP1のVAIOは暴走を続けた。

ダメだこりゃ。(+_+)

途中、F2連打でBAIOS出してEXIT、SHUTDOWNするしかなかった。数分頭を冷やしてまた起動すると、やはりブルースクリーンの回復できないエラーがなんちゃらとでて暴走が始まる。数時間格闘したが時間の無駄だった。

安室ちゃんが引退と言うのでDVD3枚も買い込んだのに.mp4に変換できなかったら最悪だぞーん。

結局バッファローでブルーレイドライブを買い、ダウンロードしたフリーのはずの変換ソフトも5分しか変換しないようになっていたので制限解除するために有償版を購入した。

どこの国か知らないけど・・・やってみっか、とご購入ボタンをポチる。

即座にメール着信したライセンスキーを入れてすぐに使ってみた。

2時間のDVDが40分位で変換終了。

PC、ドライブ、USBメモリをそれぞれUSB3.0でつないだが、PCのストレージに保存すればもっと早かったか。

このソフト意外と快適。

保存先のフォルダを選んだあとは「RUN」のボタンを押すだけ。私はその前に任意でファイル名(ソフト上ではタグという名称)を変えただけ。たったの一手間しかかからなかった。

きっと、こっちが何にアクセスしてるか、何のファイルがあるかPCの中をみんな見られてるんだろうなー。

ソフトのライセンスは5000円したがこの方がDVD Decry*terより絶対ラクだわ。

これでスマホでも安室ちゃんを見ることができる。むしろ私はスマホでしか見ないんだから。家でテレビやパソコンで動画を見ている暇はないので、コナミのバイクかトレッドミルで見るだけよ。

あー、もうそろそろ孫が産まれるというのにリカバリも気になる。

それにお四国のエントリーも80番札所あたりで止まっているな。まさか年を越すとは思わなかった。

ニューリバーロードレース in 八千代 2017

今朝は家を出発するとき、車のフロントグラスが霜で凍結してた。

2-3分暖気運転しててもダメだったので、風呂の残り湯をかけた。

今期一番の寒さだったと思う。

そんなことでちょっとガタガタし、焦りぎみにニューリバーロードレース in 八千代 2017に向かった。今年はイトーヨーカ堂八千代店の駐車場が出場者に解放される。そこに朝一(7:15open)で着きたい。結果、10台目ぐらいだったかな。ありがとうヨーカ堂!

スタートから3キロぐらいは30才前後とおぼしきカップルに付いていった。ガーミン見るとずっとペース7分で20分間も心拍数は160-170超が続き、自分ながらに速い、きつい!と感じて「最後まで持たないかも」とさえ思った。

しかし、3キロ付近でカップルの女子が「膝に来た~」といって二人とも離脱。その後、私は時々ペースを落としてはまたペースアップというのを繰り返して走ったが、それでもみんなにどんどん抜かれた。これ以降はウォッチ見る余裕もなかった。

でも最後の500メートル、ラスト3分にスパートをかけるつもりだったが、トラックで若い女子にもじいさんにも抜かれヘロヘロでゴール。スタッフに声かけされても口もきけなかった。

結果はペース7:12の自己ベスだった。

数年前からの練習タイムと本番タイムを比較して自己ベストとは自分ながらに驚いた。最初の3キロは本当にきつかったが心臓が持ってくれて良かった。いつもコナミのトレッドミルで心拍トレーニングしている甲斐があったというもの。

だが、大会レポのサイトを読んでいたら自己ベス出したという方が何人か。。。あはは。

「天気よくて新川に出たところで向かい風も無かったから」と書いている方がいて「あ、そーか」と納得。

でも、多くの出場者が自己ベス出て良かったじゃん。

それにランネットの公式記録を見直すと、大会によってはタイムが3秒ほど完走証(即時記録)より遅くなっている時があって、、、そんなもんよね~。

今年もマラソン走り納め。

これが終わったら次はもうすぐ娘の出産予定日。上の2歳の孫を引き受けなきゃならないし、また大忙しだ。

ChromecastとMiracastと太極拳

志村栄司 老師(ラオシー=先生) 表演

Chromecastで液晶テレビにYoutubeを映し、先生がアップしてくださった太極拳動画で練習している。

これって助かるぅ~!

畳の上ではあるが大きなテレビ画面で、好きな時間に好きなだけ繰り返し、気になるところは戻って何度でも!

しかも無料よ。

今日は先生に「貴重な動画をありがとうございます。毎日練習しています。」と、お礼を言ったわ。

先生がご指導くださるのは珍しい楊式太極拳で、少し他の流派と雰囲気(風格)が違い、1段、2段、3段まである。

1段の1で抱球(Bao qiu)バオチューを4回繰り返す(字は玉ではなく球らしい)のと、単鞭(ダンビェン)が特徴的で、それを目当てに動画を検索したが、いくらYoutubeを探しても同じものが無かった。

だからとても貴重な楊式太極拳の表演動画(上記)となる。

漢字についてだが、玉はぎょくで中国では翡翠(ヒスイ)の事であり、球は(たま)ボールの事であるから、套路名称としては球の字で良いと思われる。

ChromecastではGoogle+のアプリだけがテレビでモニターできると思っていたが、スマホのMiracastをONにしたらテレビでスマホ画面全体をミラーリング出来た。

スマホがMiracastに対応していて、テレビにとりつけたChromecastにwi-fiでつながっている。

Chromecastでテレビに映す時の設定はwi-fiアクセスポイント(無線LANルータ)が無いとダメみたいだった。wi-fiのSSIDとパスワードが必要だったもの。ChromecastもMiracastも両方ともwi-fiアクセスポイントが必要なのか?と思って調べていると、

エレコムのMiracastレシーバという商品ではwi-fiダイレクトでスマホとMiracastレシーバとの1対1通信ができるとか書いてある。インターネット環境は必要ないとも。

4G LTEでスマホがネットにつながっていればYoutubeなどもミラーリングできるらしい。そしてむしろ、電波干渉に弱いのかスタンドアローンのほうがいいような事もレビューに出ていた。その他には「使えない」というレビューも多々あるが。

なにが調べたかったといえば、コナミで知り合った80歳のマダムに、私が「太極拳の先生がYoutubeにアップしてくれたビデオをテレビに映して練習しています」と言ったら「やり方教えてほしいからメモしておいて」と言われたのだ。

が、、、「家にパソコンは無い」という。汗

って、ことは無線LANルータもないってことでしょ。

じゃ、Chromecastはだめだな。。。

Miracastはwi-fi directでスマホ画面をテレビに写す。なので、スマホにはwi-fi機能が無いとだめだ。たとえ普段使ったことが無くてもwi-fi機能がついていればエレコムのMiracastレシーバも可能だろう

あとは契約内容だね。

良く調べると、wi-fi directにスマホが対応していないとMiracastもダメだった。

パケホーみたいの(データ通信)契約しているのかな?

らくらくホンみたいなものなんだろうけど、電話とキャリアメールだけの契約だったらYoutubeは無理ね。

データ通信はともかく、動画ファイルの.mp4をスマホが再生できればテレビ接続するのも意味あるので、有線接続も考えてみた。これなら設定もいらずに簡単だ。おばあさんでもできる。

テレビはデジタルだからHDMI(High Definition Multi-Media Interface)は必ずついてる。

3年以上前の私のスマホはHDMIのちっちゃい端子がついていた。だからHDMIケーブルでスマホの画面がキャストOKだった。

だが、そのうちスマホからはHDMI端子が消え、マイクロUSBに包含されたMHL(Mobile High-definition Link)という伝送規格になったらしい。

テレビではMHLがHDMIに包含されていることもあるらしい。

実際、我が家の40インチデジタルテレビは2つHDMIの入力端子があり、そのうちの1つはMHLに対応している。

まったくめんどくさい規格だ。なぜそろえなかったの?と言いたい。

スマホでは小型化が要求されたかららしい。

おかげでそのたんびにケーブル増えてさ。。。

だけどもっとひどい事に、最近のスマホはHDMIもMHLにも非対応だ。

2014年夏発売の私のスマホもHDMIとMHLに対応していない。

だから無線でしか伝送できない。

マダムのスマホがwi-fi使えますように。。。

Miracastではテレビ画面の中央にスマホの画面が縦向きに出るので、左右真っ黒、画面は大きくはないから本体やSDに保存してある動画もちっちゃいのかと思ったら、MXプレーヤーという動画アプリでは必ず横向きになるので、テレビ画面いっぱいに写し出された。

アンドロイドに元からついている動画プレーヤーでも縦横回転すればテレビ画面いっぱいに見ることができる。

けっこう使えるなーと思った。

だけど私の場合、スマホをテレビにミラーリングして太極拳の他に何やりたい?

今のところ太極拳の動画再生しか必要ないわ。

孫式<正宝流>套路名称 上記動画(これも珍しい流派と思う)
1 起式 チーシー
2 懶扎衣 ランザーイー 懶1
3 開手 カイショウ 開1
4 合手 フーショウ
5 単鞭 ダンビェン
6 提手上式 ティショウシャンシー
7 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
8 開手 カイショウ 開2
9 合手 フーショウ
10 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟1
11 手揮琵琶 ショウホイピーパー
12 進歩搬攔捶 チンブーバンランチュエイ
13 如諷似閉 ルーフォンスービ
14 抱虎推山 バオフートゥイシャン
15 開手(右轉)カイショウ(ヨウチョアン) 開3
16 合手 フーショウ
17 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟2
18 懶扎衣 ランザーイー
19 開手カイショウ 開4
20 合手 フーショウ
21 単鞭 ダンビェン
22 肘下看捶 ヅォシャーカンチュエイ
23 倒輦猴(左式) ダオニェンホウ(ズォシー)
24 倒輦猴(右式) ダオニェンホウ(ヨウシー)
25 手揮琵琶(右式) ショウホイピーパー(ヨウシー)
26 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
27 開手 カイショウ 開5
28 合手 フーショウ
29 摟膝拗歩(左式) ローシーアオブー(ズォシー) 摟3
30 手揮琵琶(左式) ショウホイピーパー(ズォシー)
31 三通背 サントンペイ
32 懶扎衣 ランザーイー
33 開手 カイショウ 開6
34 合手 フーショウ
35 単鞭 ダンビェン
36 雲手 ユンショウ 雲1
37 高探馬 ガオタンマ
38 右起脚 ヨウチージァオ
39 左起脚 ズォチージァオ
40 轉身踢脚 ズワンシンティージャオ
41 践歩打捶 チェンブーダーチュエイ
42 翻身二起 ファンシンアーチー
43 披身伏虎 ピーシンホーフー
44 左踢脚 ズォティージャオ
45 轉身右蹬脚 ズァンシンヨウドンヂァオ
46 上歩搬攔捶 シャンブーバンランチュエイ
47 如諷似閉 ルーフォンスービ
48 抱虎推山 バオホウトゥイシャン
49 開手(右轉) カイショウ(ヨウチォアン) 開7
50 合手 フーショウ
51 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟4
52 懶扎衣 ランザーイー
53 開手 カイショウ 開8
54 合手 フーショウ
55 斜単鞭 シェーダンビェン
56 野馬分鬣 イェマフェンゾン
57 懶扎衣 ランザーイー
58 開手 カイショウ 開9
59 合手 フーショウ
60 単鞭 ダンビェン
61 右通背掌 ヨウトンペイチャン
62 玉女穿梭 ユイニュイチョワンスオ
63 懶扎衣 ランザーイー
64 開手 カイショウ 開10
65 合手 フーショウ
66 単鞭 ダンビェン
67 雲手 ユンショウ 雲2
68 雲手下勢 ユンショウシャーシー
69 更鶏独立 クンヂードゥリー
70 倒輦猴(左式) ダオニェンホウ(ズォシー)
71 倒輦猴(右式) ダオニェンホウ(ヨウシー)
72 手揮琵琶(右式) ショウホイピーパー(ヨウシー)
73 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
74 開手カイショウ 開11
75 合手 フーショウ
76 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟5
77 手揮琵琶 ショウホイピーパー
78 三通背 サントンペイ
79 懶扎衣 ランザーイー
80 開手 カイショウ 開12
81 合手 フーショウ
82 単鞭 ダンビェン
83 雲手 ユンショウ 雲3
84 高探馬 ガオタンマ
85 十字擺蓮 シーヅーバイリエン
86 進歩指襠捶 チンブージーダンチュエイ
87 退歩懶扎衣 トイブーランザーイー
88 開手 カイショウ 開13
89 合手 フーショウ
90 単鞭 ダンビェン
91 単鞭下勢 ダンビェンシャーシー
92 上歩七星 シャンブーチイシン
93 退歩跨虎 トイブークワフー
94 轉角擺蓮 ズァンジャオバイリエン
95 弯弓射虎 ワンゴンシェーフー
96 雙撞捶 シゥアンズアンチュエイ
97 陰陽混一 インヤンフンイー
98 収式 ショウシー

黒部立山アルペンルート1泊2日

黒部立山アルペンルート、1泊でまた行ってきた。クラツーで。バスは今日おろしたばかりの新車でお客様がたは強運の持ち主ですよと、運転手が持ち上げる。バスの各座席にはUSBのコネクタがついていた。スマホやタブレットの充電専用だがありがたい。だがこんな時に限ってUSBケーブル持ってこなかった。AC電源専用の充電ケーブルしか持ってこなかったよ。試してみたかったな。でも電圧の変動で本体に損傷が出ることもあるので安心はできないが。

そういえばこの前乗った観光バスはWi-fiがついていた。Wi-fiは室内無線規格なので、結局スマホのテザリングと同じこと。WANはLTE回線なのだよ。バス内LANがWi-fiで繋がる。日本の携帯電話の契約してない外国人向けのサービスだそう。日本人は本来スマホ持ってればその回線(3G/4GLTE)でつながるのでわざわざWi-fi使うこともないが、データ容量の制限ある人にはちょっと便利だって。通信サービスは本当に目まぐるしい。

下:魚津駅前マンテンホテル お風呂は大浴場に、ハーブのミストサウナと露天もあり。建てたばかりなのかすべてがきれいだった。ロビーにはコーヒー無料サービスもあった。有料のズボンプレッサーも。ビジネスホテルみたいだから期待していなかったが、思いの他すごく良かったのでうれしかった。このツアーは夕飯が別のビール園で和食会席弁当。朝食は出発が早いため、仕出し弁当をバス車内で食べるという荒業。こんなツアーは初めてだったが、まぁいっか。金曜出発1泊2日で一人34,900円だった。

上:ホテルの朝食用食事処では21:30から22:30までの間、ラーメンが無料と大浴場の前にポップが出ていた。室内にもパンフがあったので時間を待って行ってみた。もう2度と行かないだろうから。すると若い女の子がそれも結構可愛めの子が二名でラーメン作ってくれた。ハーフサイズもあって私はそれにした。食べ終わって「どうして無料なんですか?」と聞いたら「サービスで」とのこと。ホテルの開店記念なのかも。

上:魚津駅前マンテンホテルの室内。お一人様参加歓迎のツアーで一人参加でも同料金。というのはグループ参加でも一人シングルルーム一室ずつだった。私たち夫婦にはちょうど良かったが、仲良しグループで夜通しおしゃべりしたい人には向かないツアーだったね。ベッドはセミダブル、個室トイレはウォシュレットで洗面風呂もきれいだった。

 
 

上:立山ホテルのモンブランケーキセット。夫はココア。水出しコーヒーとなっていたが味の差分からず。

一番の目的だった室堂では1時間以上も自由時間があったのにちょうど雨。カッパや雨具も持って行ったがそれを着てまで周辺散策しても、目の前しか見えないし靴も濡れるし。。。。残念だがホテルの喫茶店でお茶にした。

上:ガイドツアーの看板。30分で500円だったの?

上:立山ケーブルカーだったかな。観光(株)ではなく貫光(株)

上:黒部湖レストハウスで昼食。私は黒部ダムカレー(グリーンカレー)。夫はかきあげそば。相席になった方が頼んだのはアーチダムカレー(カツカレー)。よく見ないで食券買ったのだが黒部ダムカレーは小さめのヒレカツが2個乗って、湖水がエメラルドグリーンだからグリーンカレーだったのだろう。ココナッツの味がして最後にマッシュルームが一切れ出てきた。それでピンときた。レトルトね!でも結構おいしかった。

総括すれば、バスは新車で快適だったし、ホテルは新築のシングルルーム美室でお風呂も良かった。お天気だけはどうにもできなかったがなかなか良かったと思う。そして最後の逆転サヨナラ劇が上野駅でバスから下車したときに起こった。

私はバス前方に乗っていた一人参加の女性に「お先にどうぞ」と言って先に降りてもらい、後から続いて降りた。バスのトランクから降ろす荷物もないので添乗員さんに挨拶してすぐバスを離れた。するとあの先に降りた女性が、停車したバスのすぐ後ろに停まった乗用車に乗り込むのが見えた。その黒のクラウンを私は「ん?」と思ってじっと横目で見ていた。

後部座席に先ほどの女性が乗り込むやいなや、後部ドアを持っていたYシャツ姿の運転手がそのドアを閉めた。車体後部に見えるのは品川ナンバー。夫に「あれ、タクシー?」と聞いたところ「白ナンバーだからタクシーじゃないよ」と。

私は口をあんぐり。。。。

よく見ていたわけじゃないが、バスでお隣に座ることになったやはり一人参加の同世代くらいの女性と仲良くなって、話し込んでいたっけ。初めて会ったばかりの旅行で仲良くなれるんだなーと私もちょっと嬉しかった。

ツアーというのは現地の移動に面倒がなくて宿もセットだからお得で大衆的という固定観念があった。お金持ちだって一人でツアー利用することあるよね~。あの女性がお金持ちか本当は分からないけどさ。

夫は、バスが停車してすぐ後ろにいるなんてタイミングが良すぎると言ったが、だからこそ私はタクシーじゃないのかと思ったのだった。前もって連絡して目立つ観光バスを付近から追従してきたか、あるいはもともと下車地点の周辺で停車して待っていたのかもしれない。

運転手付きのクラウンがお迎えなんて、すんごいね~。でも世の中ってこんなもんよ。ツアーでの一人参加はグループ参加が多い中で浮き気味になり、さみしそうに見えることもある。私もいつも一人で行動することが多いのだが、一人行動って仲間に気を使う必要がないので結構らくで楽しいのだ。大きなお世話だったよ。

月下太極拳

以前から手の爪が割れて仕方ない。縦に裂けるのではなく爪先の厚みが二、三層にはがれるのだ。最近はマニキュアしてもダメだわ~。マニキュアが似合う爪ではないが保護するためにしている。それでも1週間持たない。

ベッドでマニキュアしてたらもう10時を過ぎてしまったが、夕飯の後、月が綺麗に出てきたので庭で一人、月を見ながら太極拳をやった。風はなく、少し冷気を帯びた空気が心地よかった。しかし、いきなり夏から晩秋のような寒さになって虫の声も聞こえなかった。

写真はベランダから見た10時過ぎの中秋の名月。

コナミの太極拳では、いつも先生の掛け声と共に套路を見ながらの練習なので完全に覚えてない。その太極拳は簡化24式と楊式第1段、孫式正宝流と言うものらしい。

孫式は速くて動作も難しいところが多く、まだ全然着いていけてない。だがITの恩恵で、Youtubeで先生の套路を見ながら練習できるのは幸いだわ。

「簡化24式」
1 起勢 チーシー
2 左右野馬分鬣 ズオヨウイェマーフェンゾン
3 白鶴亮翅 バイフーリャンチ
4 左右摟膝拗歩 ズオヨウローシーアオブー
5 手揮琵琶 ショウホイピーパ
6 左右倒巻肱 ズオヨウダオジェンゴン
7 左攬雀尾 ズオランチュウウェイ
8 右攬雀尾 ヨウランチュウウェイ
9 単鞭 ダンビィエン
10 雲手 ユンショウ
11 単鞭 ダンビィエン
12 高探馬 ガオタンマー
13 右蹬脚 ヨウドンジャオ
14 双峰貫耳 スァンフォングヮンアル
15 転身左蹬脚 ズァンシェンズオドンジャオ
16 左下勢独立 ズオシャ-シードゥーリー (24式:払った手は腰、楊式:腹を守る、孫式は肱で突く)
17 右下勢独立 ヨウシャ-シードゥーリー
18 左右穿梭 ズオヨウチュアンソウ
19 海底針 ハイディージェン
20 閃通臂 シャントンペイ
21 転身搬攔捶 ズァンシェンバンランチュイ
22 如封似閉 ルーフォンスービィ
23 十字手 シーズーショウ
24 収勢 ショウシー

スマホの料金プラン

久々に夫婦で、ケータイの料金プラン変更のためにauショップを訪れた。宣伝では、データ(1Gまで)と通話もコミコミで月額1980円ってやってたから。

宣伝通りなら一人月額5000円以上、二人で1万円以上も節約できるとウキウキしてた。だって、年金暮らしなのにインターネット・家電話・スマホ2台で毎月2万円以上の出費は頭が痛いもの。

ところが実際は、新規加入か機種変でないと1980円にはならなかった。ピタットプランではそれも1年間のみ、2980円が1000円引きで1980円になる、ということだった。

そして私のは4G LTEでこのピタットプランを適用出来るが、夫のは3Gスマホだったために適用できず。夫は壊れてないから新機種に買い換えないと言うし。

結局、私のスマホだけ月額2千円ちょっと安くなるだけだった。

それにしても、なんでこう料金プランが複雑なの?店員がさらっと一回説明しただけじゃ分からないし覚えられない。他のプランとの比較も通話の仕方によって有利不利があって即座には判断できない。

通信会社はもっとケータイの使用料金を安くするよう安倍さんにも言われたはず。そして回線使用料もだが、複雑な料金プランをもっと単純化して分かりやすくしてほしいわね。ポイントとかアプリとか余計なものは私はいらないの。

期待した分、落胆も大きい1日だった。

そのうち、家電話もパソコンもやめて、ケータイさえメールと電話だけのガラケーにする時が来るかも。

金魚の尻尾が再生

金魚の尻尾が再生している。
驚いた~!

ブラックバスにやられてから、一番小さいのが水面に浮き弱っていたが、魚用の薬(尾腐れ病用)を買ってきてようすをみていたら復活してきた。

一番小さいのが一番やられて被害がひどかったので、それだけはちゃんとしたオビレの形になっていないが、治ってはいるようだ。

今回の件で外来魚の恐ろしさ、金魚の再生力の高さにビックリした。

花火撮影

佐倉でも花火大会があるが、これは自治会の花火大会。
ほんの10分ほどだったかもしれないが、みんな楽しみにしていた。
最初のうちは1分おきくらいにまばら、最後は豪華に連発。

花火撮影はうまくできたためしがない。やっぱり難しい。
これは加工したもので、撮影方法も含めてstudio9さんの記事を参考にさせてもらった。

撮影はバルブがない場合マニュアルモードで、
ISO100、F11、シャッタースピードは関係ないらしいが
最初のうち30(分の1秒)とかにしていたら真っ暗だったので、2.5(分の1秒)にした。
遅くしたということ。

オリンパスペンE-P5 ミラーレス一眼を使用。

加工はPhotoshop elements 15
散発の花火画僧を数枚重ねて、1枚ずつレイヤーで描画モード→カラー比較(明)にした。

金魚やられる

夫がそばの川で釣ってきた、カジカの仲間とブラックバス(いずれも10センチくらい)を、金魚とタナゴ、ドジョウの入っていた水槽に入れた。

3日程経つが、その間、みんなはバスにつつかれてパニックになっているのが分かった。私は「早くブラックバスを出せ!」とずっと文句いい続けていた。

今日、金魚の尻尾がみんなやられていた!昨日は気づかなかった。タナゴは鉢の影に隠れて出てこないので、無事だった。

ブラックバスは金魚の餌を食べようともせず、水中でじっとしている。そして金魚やタナゴを急につつくのだった。

バスよりからだの大きい金魚たちは、今までも餌をあげようとすると人影に気づいてそばによって来て、口をパクパクさせるかわいい姿を見せていた。まさか獰猛な肉食魚がそばにいるとも思わず、のんきだった。

タナゴは最初から逃げ回って隠れていた。でも体の大きい金魚は隠れるところがない。ドジョウは下にいるからか、難を逃れたらしい。全くろくなことしないわ。