今日の作業

Geranium eriostemon
ゲラニウム エリオステモン(フウロソウ属) 2013年6月自家産
播種:2017.5.5(17粒) 発芽:2017.8月~ 2017.9.7現在:6芽発芽
ポット上げ:2017.10.1(6芽)

Dierama Garden hybrid (Angel’s Fishing Rod)(5鉢)
Dierama pulcherrimum ‘Cosmos’(1鉢)
Dierama ‘Black Bird’(1鉢)
Dierama dracomontanum(1鉢)
ディエラマ いろいろ 自家産
播種:2017.5.5 発芽:2017.5.20ごろから 5号鉢上げ:2017.10.1(8鉢)

Aristea ecklonii
アリステア エクロニィ 2014年8月自家産
播種:2017.5.5 発芽:2017.7.13~ ポット上げ/地植え:2017.10.1

Anemone flaccida
アネモネ フラッキダ (ニリンソウ)
植替え:2017.10.1(5P+1鉢)

Hypericum androsaemum ex ‘Albury Purple’
ヒペリクム アンドロサエムム ‘アルブリーパープル’から
地植え:2017.10.1(3P)

Olea europaea
オレア エウロパエア (オリーブ) Olive
地植え:2017.10.1(挿し木苗1本)

Geranium nodosum
ゲラニウム ノドスム
2010年産自家採取 播種:2011.2.18 発芽:2011.5.23(1芽)
2011.5.23発芽分プラ鉢上げ:2011.9.19 1芽発芽:2011.10.16(のべ2芽発芽)
1芽発芽:2011.12.4(のべ3芽発芽) この鉢からなにか発芽:2012.3.19(小)
1芽発芽:2012.3.26(のべ4芽発芽) ポット上げ:2012.4.25(3P+不明1P)
不明1P植替え:2013.2.17 不明1P分も含めて2鉢植替え:2014.3.9
1鉢無償配布で残り1鉢を地植え:2014.10.31
2014.10.31に地植えした株が開花:2015.5.2~
植替え:2017.10.1(小さい株に分かれていた)

Hydrangea arborescens ‘Annabelle’
ヒドランゲア アルボレスケンス ’アナベル’
(アメリカノリノキ/セイヨウアジサイ)
挿し木:2017.9.30

讃岐一国参り 第77番札所 道隆寺とkeiガーデン

第七十七番札所 道隆寺(どうりゅうじ) 4月4日火曜日

【墨書】
右上: 奉納
中央: 梵字 薬師如来
左下: 道隆寺

【ご朱印】
右上: 第七十七番
中央: 変形印 梵字
左下: 讃岐國道隆寺

下:道隆寺山門 額は桑多山(そうたざん)

創建ころのこの付近一帯は広大な桑園で、絹の生産地であったようである。縁起によると、和銅5年、この地方の領主、和気道隆公が桑の大木を切り、小さな薬師如来像を彫造し、草堂を建てたのが寺の初めといわれる。(四国八十八ヶ所霊場公式サイトより引用)

 

日差しが強く、平地とはいえ重いザックをしょって歩くと随分へばる。こちらはコンパクトでお参りしやすい、歩き遍路にとっては願ってもない良いお寺さんだった。

額にもある桑の木は、私の生まれ育った武蔵野にも多くあって懐かしい思いがした。カイコは見たことなかったけど栽培していた桑畑もあったし、雑木林や民家の庭などそこかしこにあった。赤から黒へと熟した実は、口の中を真っ黒にして食べても美味しかったものだ。だが毛虫が気になるし、大きな木だと実には手が届かないし、ほんの数個しか食べたことなかった。今でも鳥の落とし物として千葉でもあちこちで見かける。その木で仏様を彫るっていいね!

4月4日火曜日の行程
善通寺いろは会館7:40発 → 76番金倉寺8:45着9:08発  → 郵便局ATM9:15発 → お接待に手作り陶器地蔵をいただく → 77番道隆寺10:15着10:30発 → keiさん宅訪問11:00ごろ → 里山散策(ミスミソウ見学)keiさんとお別れ交差点下車15:04発 → 78番郷照寺15:43着16:04発 → 坂出プラザホテル前ローソン17:00着 → 坂出プラザホテルチェックイン17:09着

下:お言葉に甘えて伺ったkeiさんのガーデン、春たけなわだった。

大きなお宅だったので庭は数か所に分かれており、青花がお好きとのことでヘリオフィラなどがちょうど満開だった。我が家ではとうに無くなってしまった懐かしい花ばかり。我が家でも耐寒性の微妙なもの、夏越しできないものは淘汰されてしまった。多年草は毎年植え替えないからだよね。タネを採って蒔く一、二年草も花ガラを残してタネを完熟させなければいけない手間からやらなくなった。しかし、keiさん宅で見かけたらまたほしくなってしまったわ。

keiさん宅の植物は写真ばかりの数ではない。実生の山野草もたくさんあり、これから生長が始まるものも多くあった。写真撮ったもののぼけていてアップできず披露できないものも多い。チベタヌスもあったのにびっくり。ごめんなさいね、keiさん。そしてお忙しい中、お付き合いくださってありがとうございました。

keiさんも実生で多数育てておられるので、長期間は家を留守にできないと思う。タネから育てた植物って自分の子供と同じだ。いや、私は子供以上に可愛かったかな。。。手をかけてやれば人間の子供と違ってある程度思い通りの成果があった。そして今の我が庭は自然の流れに任せっきり。生き残れる物だけ生き残るサバイバルガーデンとなっているが。

 

下:keiさんに連れて行っていただいた山で咲いていたミスミソウ群落。野生種の群落が身近にあるって素晴らしい。白が多いが桃色も少しあった。

下:山の途中から下の景色を臨む。やわらかい日差しにも見えるが結構暑かった。ヤマザクラが咲き、keiさんに教えていただいてヒサカキと判明したあの匂いに気づき、ミツバツツジも一輪くらいほころんでいた。ナンジャモンジャも。足元にはもっといろいろな植物があったが私はほとんど山野草を知らない。でもkeiさんのおかげで楽しいひと時を過ごせた。ありがとうございました。

下:山へ行く前に高松城の前を通過。

下:橋の欄干を見ると団扇の骨。団扇も香川の主要産業の一つだそう。

下:昼食に寄った讃岐うどん店から見る讃岐富士。あれ?その時は気づかなかったがこちらのうどん屋さんにはミモザの木があるのね。

下:裾野に広がる讃岐三白(砂糖、塩、小麦?、諸説あり)の一つである小麦畑を。うどん県!

下:keiさんの食べた讃岐うどん+アスパラの天ぷら

下:私が食べたのはちょっと変わったニンニクオリーブオイルをかけるうどん。美味しかったな。現地で食べるのは格段の旨さあり。

Centaurea cyanus ‘Giverny Blue’

Centaurea cyanus ‘Giverny Blue’
ケンタウレア キアヌス ‘ジヴェルニーブルー’
(ヤグルマギク) 2013年自家産
播種:2017.6.19 発芽:2017.6.24~

しっかり発芽してきたわ~。あの赤味のない澄んだ青だといいが、今年咲いたのは桃花もあったし青花は紫がかっていた。先祖帰りだとしたらもうあの色は発現しないんだからがっかりだな。ジャンピエールにもらって2012年に蒔いたのが始まりで、それから自家実生を繰り返している。2年くらいは同じ青だったのに。。。

花色に用土の酸度は関係あるか?

6月19日のタネ蒔き


上:Aquilegia canadensis
アクイレギア カナデンシス(カナダオダマキ) 2015年5月自家産
播種:2017.5.5 ポット上げ:2017.6.19
4号ポットに植え替えただけ。全部がうまく育つわけないから、てきとうに淘汰されるのを待つ。

以下のタネを蒔いた。
タネ蒔きといっても古いおタネ箱整理のため。
アグロステンマやキノグロッサムなんて、採取年月も書いてないので2013年以前の産か?
発芽したら儲けもの、という程度に雑草ぬいた地面に景気よく直蒔きした。
ヒオウギはしなびていたからたぶん発芽しないな。

草取りしたものの、地面の露出部分が多いと乾いてしかたない。夏には全体に草が生えているほうが地温も上がらなくていいみたいなので、今すぐ発芽してくれると、地温上昇しずぎないようにすることと土壌の保湿に役立つかなと思った。

Agrostemma githago ‘Ocean Pearl’
アグロステンマ ギタゴ ‘オーシャンパール’

Matricaria recutita syn. Matricaria chamomilla
マトリカリア レクティタ 異名 マトリカリア カモミラ
(ジャーマンカモミール) 2013年自家産

Belamcanda chinensis
ベラムカンダ キネンシス (ヒオウギ) 2013年と2014年自家産

Centaurea cyanus ‘Giverny Blue’
ケンタウレア キアヌス ‘ジヴェルニーブルー’
(ヤグルマギク) 2013年自家産

Cynoglossum amabile ‘Pink Shower’
キノグロッサム アマビレ ‘ピンクシャワー’

6月12日の園芸作業

6月12日の園芸作業:地植え株をほかの場所に植替えたり、発芽苗をポット上げや地植え、ポットで養生していた株を定植した。

Geranium nodosum 
ゲラニウム ノドスム
ポット苗を地植え:2017.6.12(1株)

Geranium sanguineum 
ゲラニウム サンギネウム (アケボノフウロ)
ポット苗を地植え:2017.6.12(1株)

Geranium maculatum 
ゲラニウム マクラツム
ポット苗を地植え:2017.6.12(1株)

Prunella vulgaris subsp. asiatica f. albiflora
プルネラ ウルガリス アジアティカ アルビフローラ (シロバナウツボグサ)
ポット苗を地植え:2017.6.12(1株)

Hypericum androsaemum ‘Albury Purple’
ヒペリクム アンドロサエムム ’アルブリーパープル’ (コボウズオトギリ)
こぼれの発芽苗をポット上げ:2017.6.12(2株)

Iris Dwarf type
イリス ドワーフタイプ (ジャーマンアイリス/ベアデッドアイリス)矮性
地植えを掘りあげて8cm長形プラコンテナ植え:2017.6.12

Iris ‘Fade to Black’
イリス ‘フェイドトゥブラック’ (ジャーマンアイリス/ベアデッドアイリス)
地植えを掘りあげて40cm長形素焼きコンテナ植え:2017.6.12

Aquilegia vulgaris Double Pleats White
アクイレギア ウルガリス ダブルプリーツホワイト (セイヨウオダマキ)
2015年6月自家産 播種:2017.5.5 発芽:2017年5月下旬ごろ?
ポット上げとコンテナ植えと地植え:2017.6.12

Herbertia amoena ヘルベルティア アモエナ (チリアヤメ)
40cm素焼きコンテナ植えを地植え:2017.6.12

Campanula punctata f. albiflora
カンパニュラ プンクタータ アルビフローラ (シロバナホタルブクロ)
地植えを掘りあげて根茎を別の場所へ移植:2017.6.12

Phlox divaricata フロックス ディバリカタ (香りフロックス)
地植えを掘りあげて根茎を別の場所へ移植:2017.6.12

Aspidistra elatior アスピディストラ エラチオール (ハラン)
ポット株を地植え:2017.6.12

Iris hybrida (ジャーマンアイリス) 青紫
ポット株を地植え:2017.6.12

Rosa sp. バラ3種
実生ポット株を地植え:2017.6.12

頭冷やして

Aquilegia vulgaris var. alba Double
アクイレギア ウルガリス アルバ ダブル 2013年?自家産
播種:2017.5.5 発芽:2017.5.24

オダマキの中ではこれがたくさん発芽してきた。こんなに発芽しても困るが。カナダオダマキもポツポツ発芽してきた。植物は順調なのにこのブログはまだまだ。

やる気をなくしていたが、2-3日ボーッとしたらまた復活しようという気になった。この間のテレビ番組でちょうど「怒りの仕組み」について放映していた。怒りを覚えたらその日のうちに、日記に(非公開)自分の感情を全部書いて吐き出した方がいいって。カッコつけて抑えて書いてもまた怒りを反芻してしまうそう。

もとのフォルダはどうしたってダッシュボードに行けなくなったので、結局削除した。最後まで削除しきれなかったのはコンタクトフォームのプラグインだった。これだけの単体が原因じゃなく、複合した場合の結果かもしれない。原因を突き止めておかないとまた同じことになるが素人にはできることに限りがある。下手な考え休むに似たり。ヘテムルサーバーの注意書きをいろいろ読んだら自分の甘さが改めて分かった。ネットは自己防衛しかない。

タゲテス発芽

Tagetes patula タゲテス パツラ (French Marigold/フレンチマリーゴールド/クジャクソウ) タキイ種苗2013年7月まで有効(2012年以前の産と思われる)
播種:2017.5.5 発芽:2017.5.10(3割ほど)

昨日は早くもフレンチマリーゴールドが発芽した。そして、雨なのにチリアヤメも開花していた。写真とれなくて残念。

日曜日から実はもう4日も寝込んでいる。マラソン、お遍路と続き、ジムでもマシンが減ったためにつまらなくて、いつも通りのルーティンのあと、またスタジオプログラムも参加するようになって毎日へとへと。具合悪くなるな、と思いながら誘われるままにやっていたら、、、吐きそうになった。

高熱と言うわけではなかったが、ジムから急いで帰宅後は起きていられない。ムカムカし手は震え、息も絶え絶え。何もできずベッドへ直行。

運動すると汗をかくからしょっぱいものがほしくなり、食事も味付けが物足りないと卓上塩などかけていた。スポドリ飲んでいても。

油物がもともと好きで揚げ物も自分で良く調理する。塩と油が腎臓に良くないのが分かっていても好きなもの食べたい。具合悪くなると反省して暫く摂生。すると少し体重も落ちて花丸。今日は2キロも減っていた。

今日は晴天で少し起きていられるようになったので大洗濯。自分の汗が臭いのがわかる。体で分解できないので汗腺からも出てしまうアンモニア臭だ。衣服にも付いて洗濯しても取りきれないものらしい。私のスポーツウェアはどれも臭い。リセッシュで対応しているが周囲に迷惑をかけていると思うと肩身が狭い。

2017年春のタネ蒔き

2017.5.5:以下のタネを蒔いた。

発芽しない確率のほうが高いかもしれないが、そのまま冷蔵庫にしまっておいてもシードバンクじゃあるまいし、何にもならない場所ふさぎ。自家採取のは捨てるつもりだったが好きなものは新しい用土で蒔いてみた。

失敗したシスタスの‘ピンクシルク’が残っていてよかったが、発芽するとも限らない。去年秋のうちに蒔けば良かったかも。アルケア(ホリホック)とポピー‘エンジェルスクワイヤー’は未開封の購入分が残っており、アルケアは数日中に蒔き年内に無料配布できればOK。ポピーは今年12月中には庭に直蒔きしたい。

【購入種子】
Tagetes patula タゲテス パツラ (French Marigold/フレンチマリーゴールド/クジャクソウ) タキイ種苗2013年7月まで有効
Cistus ‘Pink Silk’ シスタス ‘ピンクシルク’ Plant World Seeds
Dierama pulcherrimum ‘Cosmos’ ディエラマ プルケリムム ‘コスモス’(天使の釣竿) Plant World Seeds
Dierama ‘Blackbird’ ディエラマ ‘ブラックバード’(天使の釣竿) Plant World Seeds

【自家採取種子】
Aquilegia buergeriana f. flavescens アクイレギア ブエルゲリアナ フラベスケンス(オオヤマオダマキ) 2013年6月自家産
Geranium eriostemon ゲラニウム エリオステモン(フウロソウ属) 2013年6月自家産
Geranium harveyi ゲラニウム ハルベイ(フウロソウ属) 2013年6月自家産
Aristea ecklonii アリステア エクロニィ 2014年8月自家産
Aquilegia canadensis アクイレギア カナデンシス(カナダオダマキ) 2015年5月自家産
Aquilegia vulgaris Double Pleats White アクイレギア ウルガリス ダブルプリーツホワイト(セイヨウオダマキ) 2015年6月自家産
Dierama dracomontanum ディエラマ ドラコモンタナム(天使の釣竿)2015年8月自家産
Dierama Garden Mixed ディエラマ ガーデンミックス(天使の釣竿)2016年8月自家産

【地面に直蒔きしたもの】
Aquilegia vulgaris Double Pleats Mixed アクイレギア ウルガリス ダブルプリーツミックス(セイヨウオダマキ) 2015年6月自家産

Hyacinthoides hispanica

Hyacinthoides hispanica
ヒヤキントイデス ヒスパニカ (シラー・カンパニュラータ/スパニッシュブルーベル)

ここ数年、私はこれを駆除しようと一生懸命抜いている。だがっ!、余計に増えている気がする。恐ろしい。。。そして花の最盛期はとてもきれいだよ。

思えば20年ほど前かもっと前か、シラーカンパニュラータと書かれた球根(青、桃、白の3色ミックス)を1袋買ってきて植えたのだった。そのころには園芸の知識など全くなく、開花期や原産地なども考慮しないでとにかく咲けばいいという意識だった。ホームセンターで数百円で売っていたと思う。容器栽培が良かった。後悔先に立たず。

ラウンドアップもテレビで宣伝するようになった。春の生長期に使うとより効果的とか。数日前にドクダミ用に25倍位に薄めてスプレーしてみた。普通の雑草ならもっと希釈するように説明書には書いてある。昨日あたりからドクダミの地上部は枯れているのが分かった。地下茎まではまだ探っていない。

そしてドクダミ用の濃い薬剤だったからだろう周りの植物にも影響が出ている。ドクダミのそばにあったヤグルマギクやポピー、フロックスも葉が黄色くなって萎縮してきているのが一部ある。他の植物にはかけないようにしていたが、噴霧の際にかかってしまったのだろう。2015年秋に買った薬剤だが1年半たっても効き目あり。やはり薬剤使用は気を付けないといけない。

Helleborus orientalis

Helleborus orientalis White flower
ヘレボルス オリエンタリス (クリスマスローズ) 実生株

クリスマスローズの中でも一番好きな色。
今日は日中風もなく暖かったので、だらしなく倒れた葉を刈り取ってしまった。
もう3月間近だが、まだ2月なのに。
また寒の戻りもあるだろうが、きれいにしないと写真も撮れないし。

ほかの植物の植え替えを少し行う。
赤玉土が無くてKD2に買いに行ったら、白地に赤紫のピンクラインが入ったピコティダブルのクリローが1980円だった。実際に花がついていれば花色・形を確認できるので写真ラベルより間違いがないし、実物見ると可愛くてほしくなる。が諦める。

ペットショップでもそう。
可愛い子猫ちゃんが遊ぶのを少しみて、諦める。
猫ブームで2週間と同じ子は残っていない。
毎週違う子がショーウィンドウに入る。
生後2か月になったばかりの赤ちゃん猫はかわいい盛りよ。