Sandisk Extreme 900

ポータブルSSDのSandisk Extreme 900 960GBを買った。2TBにしたかったが、さすがに10万円超えは躊躇した。稼働中のio-Data LANDISK 1TBの使用量を確認すると750GBぐらいで、これ以上はそう増えることも無いだろうとおもって決断した。。。

今も容量がこれで良かったかは分からないでいるが。

サムスンのT5と比較して迷ったが、USB3.1(Gen.2)で読み書きのスピードがSandiskは850MB/sと最速だったのでこちらにした。

でも、今のVAIOもUSB3.0なんだけど。

スピードテストをしているサイトがあってUSB3.0でもまぁまぁだったからポチった。

とにかくネットワークドライブはもう面倒いのでPCに直付けがいい。またHDDよりSSDの方が速いのでポータブルSSDを探していた。まだまだ高いがLANDISKがおかしくなってからでは遅いので。

LANDISK HDL 1TBは2007年9月設置と取説にメモってあった。いやー、10年以上経過していたとは。。。

これだけ持ったのもHDDだから、と言えそうだ。

エクストリーム900でスピードテストもしない前にデータコピーした。LANDISKはRAIDがあったが今度はなし。でもSSDはフラッシュメモリと同様で難しい事は何もない。

早速Pictureフォルダの全てをコピーすると、夜7時から始めて夜中の何時に終わったのか?途中、作業中のダイアログを見ていると残時間は5-10時間と出ていたことがほとんどで、11時に寝る前も残5時間ぐらいと出ていたと思う。。

翌朝終わっていたのを確認するとPictureフォルダは145GBあった。本当に10時間ぐらいかかったかも。

でも途中で熱くならないのがいい。

LANDISK、思い出せば夏場は危なかった。熱くなりすぎると自分で警告音をピーっと鳴らして死んでいった。HDDを守るためだね。

ミュージックも15GBほどあったが3時間ぐらいかかったかな。

こうやって長時間コピーしてもエラーが全くないのがストレスレスでいい。

 

次はソニーのワイヤレスヘッドセットWF-1000X(ノイズキャンセリング)の話。

Bluetoothだが左右に繋がるワイヤさえない左右独立式で最新のインイヤー型ヘッドホン。

これは本当にゴミだった。25000円もしたのに。

音は途切れるし、左右交互に聴こえたり、音量も小さい。コナミのLifefitness機器でビデオを見れば、1秒位もタイムラグがある(Lifefitness機器の性能にもよるのだが)。

バッテリ鍛えてもSBCコーデックだと満充電から2時間、AACコーデックで3時間しか持たない。ジムで3時間トレーニングするのにヘッドセットが先にダウンとはね。

私はほとんどの曲をwindows iTunesでmp3に変換しているがSBCコーデックになるらしい。今度からAACにするわ。

MDR-AS600BT(Bluetoothヘッドセット)の方が音もいいしバッテリの持ちもよい。バッテリがキレたらこっちにバトンタッチしている。

また一番肝心なことだが、耳にフィットせずに落ちやすい。唾を飲み込んだり、おしゃべりしても顎は動く。その度にずれたりするのがうっとうしい。汗をかいて落とした事もある。コロコロ転がってトレッドミルの下に行ったことも。手が入る場所で良かったわ。

酷評するのが趣味と言うわけではないが、今後の購入者が同じ思いをしたらかわいそうと注意喚起の意味で。

りっぱ

ミスチルのビデオをずっとほしいと思っていてやっと買った。もう何年も生きないんだから楽しめるうちにと思って。

水牛で買った光学ドライブ(DVD/BD)で試してみたいとBlu-rayのツアービデオ2枚をAmazonで購入。

。。。あぁまたバカやっちゃった。(T_T)

ブルーレイはガードが硬い上に容量も食うんだった。DVDがあまりに快適だったのでまるっきり忘れていた。それに、前回購入したソフトはDVD専用だったのでBDはてこでも動かないわよ。

そりゃそうだわ。

ので、情けないことに再びBD対応ソフトを購入した。もう二度と買わないわBDは。その中華ソフトを使ってみると、何のトラブルもなくすんなり2枚の変換終わって(3時間のビデオで約1時間かかった)再生してみると「再生できないファイルです」と怒られる

ん、騙された?

設定などいじって何度かやり直したところ、保存先にFAT32でフォーマットしたUSBのフォルダを選択していたのがいけなかったと分かった。

変換ボタン押してから出力先フォルダ選択画面が出ると、その下に小さい黒い文字でなにやら注意書が書かれているのに、4回目ぐらいのやり直しで気づいた。

それ以前にもUSBに出力した再生不可のファイル容量が4KBなのに気づいてはいた。ストレージ残容量は十分だったのになんでどのファイルも揃って4KBなのかなー?とは思っていた。

まさかUSBのフォーマットの違いが原因のエラーとはね。

Cドライブに出力先を変更したらファイルは再生できた。そのファイルをFAT32で初期化したUSBにBUしようとしてもできなかった。USBフォーマットをexFATに変更してフォーマットしなおしてからBUしたらそのBUファイルは再生できた。

さて、BDをそのまま再生できるのは水牛で買ったドライブだけ。その画質はVAIOでみても非常に素晴らしいので驚いた。

だが私にとっては歌を聴く事がメインで、ミスチルはダンスもないし、、、、ツアーよりMVの方が良かったわ。でもライブのアップの表情が見られるのはファンにとってはたまらないだろうね。

映像の質はあまり私には関係なかったから今後はBDではなく、DVDでいい。

私は花の匂いが大好きであのウサギが出るビデオが見たい。ライブの映像よりウサギだ。

光学ドライブは必要か

もう面倒クサイので買ってしまったよ光学ドライブとソフトを。

ちょうど1年前に買ったwin10のVAIO(モバイルにもなるタイプ)にはDVDドライブが付いてないので、古いwin7(確か2011年購入)のブルーレイドライブを使っていた。

けど、そのセブンはエクスプローラでファイル閲覧するぐらいでもちょっと急がせるとエラーが頻発していて、昨日はとうとうBlueScreenと言うエラーが発生した。

検索すると致命的エラーのことだそう。(x_x)

Windowsが立ち上がったと思ったらこのエラーが出て再起動を勝手に繰り返す

しばらく放っておいたけど停まるつもりはないらしく、このwin7 SP1のVAIOは暴走を続けた。

ダメだこりゃ。(+_+)

途中、F2連打でBAIOS出してEXIT、SHUTDOWNするしかなかった。数分頭を冷やしてまた起動すると、やはりブルースクリーンの回復できないエラーがなんちゃらとでて暴走が始まる。数時間格闘したが時間の無駄だった。

安室ちゃんが引退と言うのでDVD3枚も買い込んだのに.mp4に変換できなかったら最悪だぞーん。

結局バッファローでブルーレイドライブを買い、ダウンロードしたフリーのはずの変換ソフトも5分しか変換しないようになっていたので制限解除するために有償版を購入した。

どこの国か知らないけど・・・やってみっか、とご購入ボタンをポチる。

即座にメール着信したライセンスキーを入れてすぐに使ってみた。

2時間のDVDが40分位で変換終了。

PC、ドライブ、USBメモリをそれぞれUSB3.0でつないだが、PCのストレージに保存すればもっと早かったか。

このソフト意外と快適。

保存先のフォルダを選んだあとは「RUN」のボタンを押すだけ。私はその前に任意でファイル名(ソフト上ではタグという名称)を変えただけ。たったの一手間しかかからなかった。

きっと、こっちが何にアクセスしてるか、何のファイルがあるかPCの中をみんな見られてるんだろうなー。

ソフトのライセンスは5000円したがこの方がDVD Decry*terより絶対ラクだわ。

これでスマホでも安室ちゃんを見ることができる。むしろ私はスマホでしか見ないんだから。家でテレビやパソコンで動画を見ている暇はないので、コナミのバイクかトレッドミルで見るだけよ。

あー、もうそろそろ孫が産まれるというのにリカバリも気になる。

それにお四国のエントリーも80番札所あたりで止まっているな。まさか年を越すとは思わなかった。

ChromecastとMiracastと太極拳

志村栄司 老師(ラオシー=先生) 表演

Chromecastで液晶テレビにYoutubeを映し、先生がアップしてくださった太極拳動画で練習している。

これって助かるぅ~!

畳の上ではあるが大きなテレビ画面で、好きな時間に好きなだけ繰り返し、気になるところは戻って何度でも!

しかも無料よ。

今日は先生に「貴重な動画をありがとうございます。毎日練習しています。」と、お礼を言ったわ。

先生がご指導くださるのは珍しい楊式太極拳で、少し他の流派と雰囲気(風格)が違い、1段、2段、3段まである。

1段の1で抱球(Bao qiu)バオチューを4回繰り返す(字は玉ではなく球らしい)のと、単鞭(ダンビェン)が特徴的で、それを目当てに動画を検索したが、いくらYoutubeを探しても同じものが無かった。

だからとても貴重な楊式太極拳の表演動画(上記)となる。

漢字についてだが、玉はぎょくで中国では翡翠(ヒスイ)の事であり、球は(たま)ボールの事であるから、套路名称としては球の字で良いと思われる。

ChromecastではGoogle+のアプリだけがテレビでモニターできると思っていたが、スマホのMiracastをONにしたらテレビでスマホ画面全体をミラーリング出来た。

スマホがMiracastに対応していて、テレビにとりつけたChromecastにwi-fiでつながっている。

Chromecastでテレビに映す時の設定はwi-fiアクセスポイント(無線LANルータ)が無いとダメみたいだった。wi-fiのSSIDとパスワードが必要だったもの。ChromecastもMiracastも両方ともwi-fiアクセスポイントが必要なのか?と思って調べていると、

エレコムのMiracastレシーバという商品ではwi-fiダイレクトでスマホとMiracastレシーバとの1対1通信ができるとか書いてある。インターネット環境は必要ないとも。

4G LTEでスマホがネットにつながっていればYoutubeなどもミラーリングできるらしい。そしてむしろ、電波干渉に弱いのかスタンドアローンのほうがいいような事もレビューに出ていた。その他には「使えない」というレビューも多々あるが。

なにが調べたかったといえば、コナミで知り合った80歳のマダムに、私が「太極拳の先生がYoutubeにアップしてくれたビデオをテレビに映して練習しています」と言ったら「やり方教えてほしいからメモしておいて」と言われたのだ。

が、、、「家にパソコンは無い」という。汗

って、ことは無線LANルータもないってことでしょ。

じゃ、Chromecastはだめだな。。。

Miracastはwi-fi directでスマホ画面をテレビに写す。なので、スマホにはwi-fi機能が無いとだめだ。たとえ普段使ったことが無くてもwi-fi機能がついていればエレコムのMiracastレシーバも可能だろう

あとは契約内容だね。

良く調べると、wi-fi directにスマホが対応していないとMiracastもダメだった。

パケホーみたいの(データ通信)契約しているのかな?

らくらくホンみたいなものなんだろうけど、電話とキャリアメールだけの契約だったらYoutubeは無理ね。

データ通信はともかく、動画ファイルの.mp4をスマホが再生できればテレビ接続するのも意味あるので、有線接続も考えてみた。これなら設定もいらずに簡単だ。おばあさんでもできる。

テレビはデジタルだからHDMI(High Definition Multi-Media Interface)は必ずついてる。

3年以上前の私のスマホはHDMIのちっちゃい端子がついていた。だからHDMIケーブルでスマホの画面がキャストOKだった。

だが、そのうちスマホからはHDMI端子が消え、マイクロUSBに包含されたMHL(Mobile High-definition Link)という伝送規格になったらしい。

テレビではMHLがHDMIに包含されていることもあるらしい。

実際、我が家の40インチデジタルテレビは2つHDMIの入力端子があり、そのうちの1つはMHLに対応している。

まったくめんどくさい規格だ。なぜそろえなかったの?と言いたい。

スマホでは小型化が要求されたかららしい。

おかげでそのたんびにケーブル増えてさ。。。

だけどもっとひどい事に、最近のスマホはHDMIもMHLにも非対応だ。

2014年夏発売の私のスマホもHDMIとMHLに対応していない。

だから無線でしか伝送できない。

マダムのスマホがwi-fi使えますように。。。

Miracastではテレビ画面の中央にスマホの画面が縦向きに出るので、左右真っ黒、画面は大きくはないから本体やSDに保存してある動画もちっちゃいのかと思ったら、MXプレーヤーという動画アプリでは必ず横向きになるので、テレビ画面いっぱいに写し出された。

アンドロイドに元からついている動画プレーヤーでも縦横回転すればテレビ画面いっぱいに見ることができる。

けっこう使えるなーと思った。

だけど私の場合、スマホをテレビにミラーリングして太極拳の他に何やりたい?

今のところ太極拳の動画再生しか必要ないわ。

孫式<正宝流>套路名称 上記動画(これも珍しい流派と思う)
1 起式 チーシー
2 懶扎衣 ランザーイー 懶1
3 開手 カイショウ 開1
4 合手 フーショウ
5 単鞭 ダンビェン
6 提手上式 ティショウシャンシー
7 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
8 開手 カイショウ 開2
9 合手 フーショウ
10 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟1
11 手揮琵琶 ショウホイピーパー
12 進歩搬攔捶 チンブーバンランチュエイ
13 如諷似閉 ルーフォンスービ
14 抱虎推山 バオフートゥイシャン
15 開手(右轉)カイショウ(ヨウチョアン) 開3
16 合手 フーショウ
17 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟2
18 懶扎衣 ランザーイー
19 開手カイショウ 開4
20 合手 フーショウ
21 単鞭 ダンビェン
22 肘下看捶 ヅォシャーカンチュエイ
23 倒輦猴(左式) ダオニェンホウ(ズォシー)
24 倒輦猴(右式) ダオニェンホウ(ヨウシー)
25 手揮琵琶(右式) ショウホイピーパー(ヨウシー)
26 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
27 開手 カイショウ 開5
28 合手 フーショウ
29 摟膝拗歩(左式) ローシーアオブー(ズォシー) 摟3
30 手揮琵琶(左式) ショウホイピーパー(ズォシー)
31 三通背 サントンペイ
32 懶扎衣 ランザーイー
33 開手 カイショウ 開6
34 合手 フーショウ
35 単鞭 ダンビェン
36 雲手 ユンショウ 雲1
37 高探馬 ガオタンマ
38 右起脚 ヨウチージァオ
39 左起脚 ズォチージァオ
40 轉身踢脚 ズワンシンティージャオ
41 践歩打捶 チェンブーダーチュエイ
42 翻身二起 ファンシンアーチー
43 披身伏虎 ピーシンホーフー
44 左踢脚 ズォティージャオ
45 轉身右蹬脚 ズァンシンヨウドンヂァオ
46 上歩搬攔捶 シャンブーバンランチュエイ
47 如諷似閉 ルーフォンスービ
48 抱虎推山 バオホウトゥイシャン
49 開手(右轉) カイショウ(ヨウチォアン) 開7
50 合手 フーショウ
51 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟4
52 懶扎衣 ランザーイー
53 開手 カイショウ 開8
54 合手 フーショウ
55 斜単鞭 シェーダンビェン
56 野馬分鬣 イェマフェンゾン
57 懶扎衣 ランザーイー
58 開手 カイショウ 開9
59 合手 フーショウ
60 単鞭 ダンビェン
61 右通背掌 ヨウトンペイチャン
62 玉女穿梭 ユイニュイチョワンスオ
63 懶扎衣 ランザーイー
64 開手 カイショウ 開10
65 合手 フーショウ
66 単鞭 ダンビェン
67 雲手 ユンショウ 雲2
68 雲手下勢 ユンショウシャーシー
69 更鶏独立 クンヂードゥリー
70 倒輦猴(左式) ダオニェンホウ(ズォシー)
71 倒輦猴(右式) ダオニェンホウ(ヨウシー)
72 手揮琵琶(右式) ショウホイピーパー(ヨウシー)
73 白鶴亮翅 バイフーリャンチー
74 開手カイショウ 開11
75 合手 フーショウ
76 摟膝拗歩 ローシーアオブー 摟5
77 手揮琵琶 ショウホイピーパー
78 三通背 サントンペイ
79 懶扎衣 ランザーイー
80 開手 カイショウ 開12
81 合手 フーショウ
82 単鞭 ダンビェン
83 雲手 ユンショウ 雲3
84 高探馬 ガオタンマ
85 十字擺蓮 シーヅーバイリエン
86 進歩指襠捶 チンブージーダンチュエイ
87 退歩懶扎衣 トイブーランザーイー
88 開手 カイショウ 開13
89 合手 フーショウ
90 単鞭 ダンビェン
91 単鞭下勢 ダンビェンシャーシー
92 上歩七星 シャンブーチイシン
93 退歩跨虎 トイブークワフー
94 轉角擺蓮 ズァンジャオバイリエン
95 弯弓射虎 ワンゴンシェーフー
96 雙撞捶 シゥアンズアンチュエイ
97 陰陽混一 インヤンフンイー
98 収式 ショウシー

ネットワークドライブに割り当て

ネットワークドライブのLANDISKにうまく繋がらないことが最近たびたびあった。この前音楽を入れたときはiTunesフォルダがちゃんと開いたのに、今日はPictureフォルダが何度再起動しても出てこない。LANDISKが見えるのでクリックすると、PictureフォルダがなくてPhotoというのがあったがそれは音楽のジャケットみたいだった。

写真の保存のために買った外付けドライブだし。音楽は後からいくらでも買うことができるが、オリジナル写真は無くなったら取り戻せないから困るのよ。

良く覚えてないが以前のWindows7のころからネットワークドライブにLANDISKの各フォルダを割り当てていたのにいつの間にかネットワークドライブに出てこなくなり、それでもエクスプローラではLANDISKが出てきていたのでそれを開いていた。

このVAIO Win10にしてからはネットワークは何もいじってないが、LANDISKの各フォルダには同様にしてアクセスできていたので何もしてなかった。それが最近になって各フォルダが出てこなくなり当惑。Windowsがかってにバージョンアップするのはいいが、他のデバイスや私自身がついていけてないようだ。

今日は仕方ないからLANDISKの各フォルダをネットワークドライブに割り当てた。簡単なことなのにやってなかった。

今度ストレージを購入しなおすときは、、、、もうないかもしれないが、NASにはしない。私が使うPCは1台しかないのでこのPCに直接USB接続かWi-fi接続かするSSDにするわ。だけど、中身を移すのが大変そうで想像するだけで憂鬱。このままでいっか。

Z: Picture
Y: iTunes
X: Video
W: disk1
V: dlna

auスマートパスプレミアム

私のスマホの料金プラン変更では、まずピタットプランに変更。その際に安心セキュリティパック(有料)が11月で終了するからと、auスマートパスプレミアムにも加入した。PCのFTTHとスマホ2台はすでにauIDに統合ずみである。

次に、夫の方の料金プランを照会したところ、auショップ店員はご主人様はすでにauスマートパスプレミアムにご加入です、と言った。

この話の内容から、auスマートパスプレミアムは1回線ごとに契約するものと思った。誰でもそう思うでしょ。

私は「お父さんいつ入ったのよ?」と聞いたが夫は「分からない」と言った。この会話を目の前で店員は聞いている。

auスマートパスに入らず安心セキュリティパック(ウィルスバスターfor au)に入っていた夫と私のスマホだったが、ピタッとプランで2000円ほど安くなってもウィルスバスター for auを使うためにauスマートパスプレミアムに加入しなければならず、月額税込み501円以上が2台分かかるの?仕方ないがしぶしぶ了承。

そして夫のは3Gスマホでピタットプランが適用できないことが分かった。安心セキュリティパックは11月末でサービス終了なので、ウィルスバスターのためにどうしてもプレミアムには入ることになる。

夫のがすでに入っているなら何もすること無しで、ご主人様のプラン変更は無しですから以上で終わりです、とauショップ店員は言った。

さてここからが問題。後に安心セキュリティパックの契約解除してください、と言うメールがauから配信されてきた。

よく考えると、auスマートパスプレミアム契約したその時に、なぜ店員は安心セキュリティパックの契約解除を促さなかったのだろう。そこで手続きすれば終わりなのに。9月1日からauスマートパスプレミアム適用されているが、9月分は安心セキュリティパックを1か月分を余分に払ったな。

私のスマホから、契約変更画面で夫のスマホの分まで安心セキュリティパックを削除した。削除後私のスマホはプレミアムのメニューからまたセキュリティへ行き、ウィルスバスターを設定できた。私のは全て完了。

ここまでは順調だったよ。

ところが夫のスマホは何度やっても設定できない。ウィルスバスターどころじゃない。auスマートパスプレミアムはおろかauスマートパスの会員でさえないと表示されている。

ど・ゆ・こ・と????

午前中だったのでauに電話して問い合わせた。オペレーターの対応は問題なかったが、契約しているのにauスマートパスプレミアム会員でないと表示される、という問題は解決しなかった。3Gスマホのためタイムラグかもしれないのでしばらく様子を見る、と言うことで私はこの電話を終えた。だが一つ有益な情報ももらった。

何とスマートパスプレミアムはauID統合してあると、回線ごとではなく、auID1個に対しての契約なので名義が同じならば料金は1個分で良いとのこと!

あのauショップ店員はそれを知らなかったんだな!

電話サポのオペレーターさんは、auIDに統合されているので、今回のスマートパスプレミアムの契約で、両方のスマホに適用されているはずです、と強調してくれた。

いくら3Gスマホでも今どきタイムラグってあり得ないとは思ったが、それを考慮して翌日から2-3日間、何度もウィルスバスターをトライしたが出来なかった。

だが、ふと夫のスマホでauIDを見ると、以前のIDのままなのに気づいた。

そうよ、これが原因だったのよ。
結局、統合後のauIDでログインしなおしたらauスマートパスプレミアム会員ですと表示され、ウィルスバスターも設定できて解決した。

auID統合後、夫のスマホから契約状況等を確認することがなかったため、このスマホが旧IDのままだったとは気づかなかった。

分かってみれば何でもないことだが、auショップでは間違ったことを教えられ、au電話サポでも旧IDのままで使用していたことに気づいてもらえなかったのは残念な対応だった。

    auショップへの要望
       ショップ店員さんにはしっかりとauスマートパスプレミアムの契約内容を叩き込んでください。

    au技術部門への要望
       auID統合したら、旧ID(各スマホ)からは自動的にログアウトし、統合後のIDでログインしなおしてくださいと、表示されるようにして、旧IDのままではスマホを使用できないようにしてください。

UHS-Ⅰ Speed class 3

sony storeで本物買った。64GBで1万5千円だった。128GBにしたら3万円ってこと。128GBはなかったが。

アマゾンの偽物はお金をどぶに捨てたようなものだった。偽物でも容量が合っていればいい、なんて生易しいものじゃなかった。128GBのうち、124GBがエラーって検証結果だったから。これに懲りて偽物をつかまされないように正規サイトで購入した。

そしてスピードはお金には代えられない。
UHS-Ⅰ Speed class 3 (読み出し最大95MB/s、書き込み最大70MB/s)
の、なんと速いことか!

音楽データ(950曲)4.2GB分をたったの1分で書き込んだ。途中経過の速度はだいたい40~60MB/sだった。
動画データは1本につき約2GB前後あったがそれも各1~2分で書き込んだ。途中経過速度は70MB/s前後だった。

で、まったくストレス無し。
動画のほうが書き込みスピードが速かった。
今後データが増えてくると少しスピードが落ちるのかもしれないが、高額払った甲斐があったというもの。

データレスキューのソフトダウンロードサービス(無料)もあった。中に入っている説明書にシリアルナンバーのようなものが書いてあってこれがダウンロードの際に必要と書いてあった。前もってダウンロードしておこうとしたが、どういう状況なのか書き込まないと先に進めないようになっていたので、実際に必要になったらじゃないとダウンロードできない。
*ttps://www.****.co.jp/Products/memorycard/datarescue/

このVAIOで初めてBluetoothを使ってスマホからの写真を受信してみた。システム設定から行く。

注文と違う偽物

アマゾンでサンディスク社エクストリームプロのマイクロSDXCカード128GBを注文したら、なんとウルトラのマイクロSDXCカードが届いた。安すぎるのでおかしいとは思ったが、偽物でも容量が正しければいいや、と勢いでぽちっていた。そしてそれは、キャンセルを避けるかのごとく注文後間髪入れずに発送された。

商品詳細ページには出品者は外国人名でアメリカ発送とあったけど、実際は中国からの発送だった。郵便局の書留を受け取ったとき、中国からっておかしいと思った。

すぐに開封して中身を確認。商品の外装もよく見ずにハサミでチョッキンした。カードをPCに入れてプロパティを確認したところ、容量はあっているがSandisk社の社名が出てこない。それで外装をよく見たらなんとエクストリームプロではなくウルトラと書いてあった。容量は合っているもののウルトラというのでさえ、きっと偽物だろう。

一応、アマゾン経由で出品者に交換希望の連絡したが、なしのつぶて

購入したときはすぐに発送されたのに。

相手がアマゾン経由のメールを見てないわけがない。個人情報は載せないでくれとあったので「注文した商品ではないので交換して」と書いただけ。

せめてレビューでみんなに知らしめようとしたが、私の書いたレビューは公開できませんと返ってきた。なによアマゾン!でたらめな出品者保護して被害者はそのまんまかい?

やっぱりレビューのないところは信頼できない。それにしても安すぎるので私ももっと疑ってかかるべきだった。ウルトラだとしたらだいたいこの値段で妥当だから、外国からの商品発送という事を考えると泣き寝入りの人も多いに違いない。しかし偽物なら、そもそも価値無し。

何かあるとめんどくさいので当初は高くても日本の信頼できるサイトから購入しようと思っていた。だがそもそも、サンディスクジャパンがオンライン発売してない。アメリカだか直営オンラインサイトはあったけど。英語ってハードル高いしUSドルを換算すると3万円ほどした。そうだよね、いくら安くなったとはいえ5000円ほどで最新バージョンの大容量が買えるわけない。

せめてレビューのたくさんあるところにするんだったと後悔しても遅い。皆さん、アマゾンからの購入も要注意よ。って、私だけかバカなのは。。。

SDカードが偽物かどうかの検証方法を載せているサイトがあり、読んでいくとまさに!!

パッケージの文字に書き換えたような文字間の不自然さがあり、パッケージ裏面にはMade in Chinaと書いてあるのにカード自体にはMade in Taiwanと刻印してあった。あぁ、検証サイトさまさま。

これ以上ショックが大きくなる前に読むのやめたわ。

しかし、やっぱりすっきりしないので結局検証ソフトもダウンロードしてやってみた。H2testw でやってみると、124GBが損傷で234MBがオッケーだって。
汗、汗、汗。。。
書き込み読み込みスピードも7.8MB/sほど。

The media is likely to be defective.
234.0 MByte OK (479249 sectors)
124.7 GByte DATA LOST (261654511 sectors)
Details:55.5 KByte overwritten (111 sectors)
0 KByte slightly changed (< 8 bit/sector, 0 sectors) 124.7 GByte corrupted (261654400 sectors) 55.5 KByte aliased memory (111 sectors) Writing speed: 7.88 MByte/s Reading speed: 7.83 MByte/s H2testw v1.4

 

下は2時間かかった音楽約900曲4.2GBのコピー。もうすぐ終わりという頃。
最初の1分ほどはスピード速かったがすぐに遅くなった。

下はビデオのコピー時、コピーできなかった。

SD Insight だとSDHCと出るけど、Classは?

性懲りもなく音楽を4GBコピーしてスマホに差したけど、ちっとも読み込めない。数曲が再生できただけ。4GBの書き込みには2時間かかったというのに。時間の無駄だった。

再度スマホで初期化してから今度はビデオ1つをコピーしてみたが、途中でエラーとなって書き込めなかった。やっぱり捨てるしかないね、この中華カード。124GB損傷じゃどうしようもない。

スマホの料金プラン

久々に夫婦で、ケータイの料金プラン変更のためにauショップを訪れた。宣伝では、データ(1Gまで)と通話もコミコミで月額1980円ってやってたから。

宣伝通りなら一人月額5000円以上、二人で1万円以上も節約できるとウキウキしてた。だって、年金暮らしなのにインターネット・家電話・スマホ2台で毎月2万円以上の出費は頭が痛いもの。

ところが実際は、新規加入か機種変でないと1980円にはならなかった。ピタットプランではそれも1年間のみ、2980円が1000円引きで1980円になる、ということだった。

そして私のは4G LTEでこのピタットプランを適用出来るが、夫のは3Gスマホだったために適用できず。夫は壊れてないから新機種に買い換えないと言うし。

結局、私のスマホだけ月額2千円ちょっと安くなるだけだった。

それにしても、なんでこう料金プランが複雑なの?店員がさらっと一回説明しただけじゃ分からないし覚えられない。他のプランとの比較も通話の仕方によって有利不利があって即座には判断できない。

通信会社はもっとケータイの使用料金を安くするよう安倍さんにも言われたはず。そして回線使用料もだが、複雑な料金プランをもっと単純化して分かりやすくしてほしいわね。ポイントとかアプリとか余計なものは私はいらないの。

期待した分、落胆も大きい1日だった。

そのうち、家電話もパソコンもやめて、ケータイさえメールと電話だけのガラケーにする時が来るかも。

花火撮影

佐倉でも花火大会があるが、これは自治会の花火大会。
ほんの10分ほどだったかもしれないが、みんな楽しみにしていた。
最初のうちは1分おきくらいにまばら、最後は豪華に連発。

花火撮影はうまくできたためしがない。やっぱり難しい。
これは加工したもので、撮影方法も含めてstudio9さんの記事を参考にさせてもらった。

撮影はバルブがない場合マニュアルモードで、
ISO100、F11、シャッタースピードは関係ないらしいが
最初のうち30(分の1秒)とかにしていたら真っ暗だったので、2.5(分の1秒)にした。
遅くしたということ。

オリンパスペンE-P5 ミラーレス一眼を使用。

加工はPhotoshop elements 15
散発の花火画僧を数枚重ねて、1枚ずつレイヤーで描画モード→カラー比較(明)にした。