Lycoris albiflora
リコリス アルビフローラ (シロバナヒガンバナ)

時を違わず必ずお彼岸に咲く。日向が大好きな球根ね。今朝テレビでやっていたが、「ヒガンバナが田圃の畔や畑の縁にあるのはなぜ?」というお天気検定の問題で、回答は「動物などから稲や作物を守るため」だった。球根には毒があるらしいから。

後ボケはもちろん、前ボケも入れることでより被写体が浮き出るというのでやってみたけど、その前ボケは右端過ぎた。低くかがんで前ボケが被写体のすぐ下に来る方が良かったかも。