自家採取種子

サクシフラガ・メルキィ(クモマグサ)が発芽している。自家採取を採り蒔きしたものだが、タネ交換で提供したので発芽するまでは不安だった。無事に生長してくれたらありがたい。というのは、この親株は水はけの悪い用土に植えられていたため、心配したとおり高温期になってとたんに株が弱り、結果としてダメになってしまったから。。。。なにかで読んだが、「生産者は早く開花株にしようと腐植質を用土に使用するが、平地では夏越しが困難となる」、と掲載されていたのだ。まさにそのとおりになった。

スファエラルケア・インカーナが開花した。花の大きさ2~3㎝のかわいいオレンジ色の花だ。アオイ科はみんな1日花なのが残念だが、オレンジの花びらに花芯は黄色、ムクゲのような草姿でシルバーリーフがちょっといい感じ♪ タネが採れるといいな。

変化アサガオ、風鈴獅子咲牡丹の出物は、つるの先の方の葉っぱが茶枯れてきた。親木は花が咲いたがふつうの花で親牡丹はなかった。出物が1つでも咲いたら、と期待が増す。

ハンティングのつもり

purins03-2.jpg
マジです。マジです!
マジに獲物をとらえています。
鋭い爪で引っ掛けるようにして獲物を手元に引き寄せ、それからバクっと口でいきます。生きているネズミだったらひとたまりもありません。でも生きているネズミはすばしっこいので、プリンちには捕まえられませんねー。(^_-)

“ハンティングのつもり” の続きを読む

リナリア・アルピナ

久しぶりにトップページのリニュ。コンテンツももう少し変化をつけたいが、一貫した趣旨に沿ったものでなければならない。これ以上どんなコンテンツを取り上げれば良いのか。この日誌ももっと魅力あるものにしたい。現状ではただの園芸記録だ。

リナリア・アルピナが濃いバイオレットの花弁に喉が橙色で、小さいがきれいな花を咲かせていた。ところがぁ、、、猫にひっくり返されてしまった。タネがついていたというのに、その枝は折れていた。(ーー;)

変化アサガオの親木は開花したが、出物らしい一株は蕾がまだ小さいので肥料を与えた。頑張ってもらって風鈴獅子咲牡丹の花をぜひこの目で拝みたい。

昨年開花しなかったアガパンサス‘紫宝殿’が、今年は花茎が9本も上がっている。良い写真が撮れたら嬉しいのだが。梅雨時に咲くので開花時に天気に恵まれると助かる。これから台風が来たりすれば、長い花茎も折れないか心配。それにしても大型のこのアガパンサスは学名がわからない。^_^;

発光する?

エリンジウム・ギガンテウム‘ミスウィルモッツゴースト’が咲きだしたが、銀白色の花で包葉(たく葉?)にも斑がはいる。これが発光するらしいが、夕暮れ時や暗くなってから見に行ってもちっとも白くは見えない。ChirlternSeeds社のカタログで、基本種のギガンテウムの記述を見ると青の花となっていて、‘ミスウィルモッツゴースト’が銀白色となっているからこの花で間違いないのだが。エリンジウム・プラナムのほうは、茎も青く染まりとてもきれいだ。

リュエリアの学名がはっきりしない。でも流通しているのだからわからないわけはないと思うが、販売時にきちんと名札をつけてほしいものだ。それも流通名だけでなく学名入りで。

Lavatera trimestris ‘Dwarf White Cherub’

lavatera_trimestris_dwarfwhitecherub1.jpg

学 名 Lavatera trimestris ‘Dwarf White Cherub’
ラバテラ トリメストリス ‘ドワーフホワイトチェルブ’
科 名 アオイ科 Malvaceae
属 名 ラバテラ(ハナアオイ)属 Lavatera
分 類 多年草および低木
大きさ H50cm x S50cm
撮影日 2003-06-27
一日花だが、花付き多く、大きめの純白の花も愛らしい。丈が低いので支柱の必要も無い。暑さに弱、く耐寒性強い。

3月に蒔いたばかりというのに

リナリア・アルピナが3月に蒔いたばかりというのに開花した。ポットのままで。。。花色はバイオレットブルーとカタログに記載のあるとおりだったのでほっとする。

2~3日夏日が続き、日中ラバテラはヘロヘロ、ルピナスの掘り上げたのものどうやらダメになりそう。。。

タリナム・カリキナム(クサハナビ)が開花する。思ったより大輪花で乾燥に強いが一日花なのが残念。

今日は、ゴンフレナとストロベリーキャンドルを地植えした。ストロベリーキャンドルは本来秋蒔きだが、春に蒔いたものはちゃんと開花するだろうか。ファセリア・カンパニュラリアは5センチ程の草丈で花は1cmほどで開花した。これは本来の姿ではないから、やはり秋蒔きがベストだろう。

Tropaeolum ‘Double Gleam Mixed’

nasturtium_doublegleammix1.jpg

学 名 Tropaeolum ‘Double Gleam Mixed’
トロパエオルム ‘ダブルグリームミックス’
英 名 Nasturtium ナスタチウム
和 名 キンレンカ
科 名 ノウゼンハレン科 Tropaeolaceae
属 名 トロパエオルム(ノウゼンハレン)属 Tropaeolum
分 類 一年草
大きさ H20cm x S100cm ~
撮影日 2003-06-23
花色は黄色 橙などの他に、このような杏色がかったものやブロッチのあるものも出現。匍匐枝が長く、それもたくさん出るのであっという間に大株になってしまう。 通路沿いや花壇のヘッジに。

“Tropaeolum ‘Double Gleam Mixed’” の続きを読む

梅雨到来

いよいよ梅雨入りとなった。今日は曇っていたがたまにシトシト降って蒸し暑い。大きくなった多年草は蒸れてダメになる前に刈り込みたい。

こぼれ種子で西洋アサガオ‘ノーリアンズブラック’が咲き出した。ニカンドラも咲いている。朝顔も色々な品種を蒔いたので、そろそろ場所を見つけて定植しないと、ポットで咲き出してしまいそう。。。

ツキミソウが咲き出した。園芸品種だけど、名前がわからなくなってしまったのが残念。プルネラ(ウツボグサ)がたくさん咲いてきた。野性味があってなかなか良い。プランターにたくさん植えつけてしまったのがもったいないが、これだけの数を地植えする場所は無かったのでしかたない。日陰に植えたプルネラも小さい蕾が確認できる。

デジカメ入院

デジカメが5/21に壊れて修理に出したが、昨日やっとなおってきた。3週間あまりかかっている。ちょうど見頃のカンパニュラ・サマルカンデンシスが撮れなかったが、以前のオートフォーカスで撮ったのをスキャナーで読み込もうか。

デジカメがないのを幸いに、すこし作業がはかどった。夏前に山野草などは硬質用土に替えたかったが、実行できてホッとしている。ここのところ曇りが多く気温も低いので、うまく活着してくれればと祈っている。

大きな課題は、メコノプシス・ベトニキフォリアとリナリア・アルピナだ。どちらも高山植物で千葉の夏を越すのは困難だろう。夜間だけ冷蔵庫に入れてみようと今から目論んでいる。

ヘメロカリス‘リトルダンディー’(赤)と‘キャサリンウッドベリー’(桃)を植え替え(鉢増し)た。カンパニュラ・サマルカンデンシスとホタルブクロも地下茎が伸びて、鉢の縁から新芽が出ているので硬質用土で鉢増しした。(径40cmくらいの大鉢)