ここ数日曇っていて日照が少なく、昼間もあまり気温が上がらない。朝起きるときは楽だが、、。夕方、ラシルス・パルストリスが全て発芽していた。見事だ~。自家採取なので発芽率が心配だった。全部発芽したらしたで、こんなにいらないので困るなぁ。でもこの宿根スイートピーはそんなに生長が早くないし来年咲くかどうかもまったくわからない。たぶん来年は咲かないと思う。そういえば夏咲きだ。なかなかかわいい花で気に入っているのだ。

しかしどうしてカタログに書いてある花色と違うのか、、、、チルタンのタネは結果としてこんなことが多い。アカンサス・モリスの葉っぱはどう見てもモリスとは違うし、ゲラニウム‘バクストンズブルー’の花は中心が白で周りが青のはずなのにピンクだった。そしてこのラシルス・パルストリスは「blue and purple flowers」となっているのに上弁がピンクでか下弁がクリーム色だった。花が注文した品種とは違っていても構わないのだが、この品種がなんなのか特定のしようがないのが一番困る。これは本当にパルストリスなのかなぁ、、、。

これらの写真をメールでチルタンシーズ社に送ってやりたい気分だ。しかし添付ファイルの付いているメールはきちんと読むのだろうか、、、。‘バクストンズブルー’の時、クレームのメールに添付ファイルをつけて送ったら返事がきたので、一応は目を通しているようだ。しかし画像については何のコメントもなくて、受け取った人とは別の担当者から返事があった。「人によっては同じ色をpurpleといったり、lavenderと言ったりpinkと言ったりします。」、、、、だって。(ーー;) だけど誰が見てもあの花はピンクだった。弁解するなと言いたい、、だけど英語は難しい。

ビオラやオダマキの苗の多いこと。1品種20~30株はある。これ全部庭に植え付ける場所なんてない。、、、いいこと考えたぁ~!ご近所に数株ずつ差し上げて後は小学校に寄付しようっと。♪我ながらいい考えだ。