ISO感度を高くすると暗いところでもブレにくい。低感度ほどノイズが少なくきれいな画質が得られる。

手ブレしそうなシャッタースピードをカメラが適正露出として表示している時、シャッタースピードを上げて手ブレを防止するためにISO感度を上げる。ISO感度を1段分上げれば、シャッタースピードは倍に(1段分)速くなる。

シャッター速度の目安は「1/焦点距離秒」より1段以上速い速度。肉眼では見えない水しぶきや雨粒は「1/2000秒」や「1/4000秒」、スポーツなどの動体撮影は「1/1000秒」、夜間撮影などでは「1/焦点距離秒」、風景では「1/焦点距離秒×2」以上の速さで。(講座とテキスト基礎編から)

雰囲気や撮影者の感覚から画像を意図的に明るくしたい時は、露出補正をプラスにする。露出補正を1段分プラスにすれば、シャッタースピードは二分の一に(1段分)遅くなる。光をたくさん取り入れて明るくなる。

暗くしたい時は上記の逆で、露出補正をマイナスにするとシャッタースピードが上がって速くなり、結果として、光を取り入れる時間が短くなり暗くなる。