ニコンカレッジ講座【フォトフェミ】涼しいカフェで素敵なスイーツ撮影会。(女性限定)
高円寺のレンタルカフェLivingoodで、講師はその江先生だった。

静物で近接撮影なのにちっともうまく撮れず、私はまた落ち込む。
他の受講生は仕事で物撮りする方が3人ほどいて、素人は私を含めて4名だった。

自分としてはどれも初チャレンジの被写体だし構図だった。
面白かったが力不足に落ち込む。
ケーキ美味しそうに見えないよ。むしろまずそう。
ま、これも経験の一つよね。
誰も期待してないんだからどってことない。

高円寺レンタルカフェ Livingoodにて
高円寺レンタルカフェ Livingoodにて
f/5.6 1/50秒 補正なし ISO-400 焦点距離49mm
ネイビーと白で塗り分けられた印象的な木製テーブルにパンケーキを置く。ケーキのデザインが夏の生き物やアサガオ、ビーサンなので、自由に動かして撮影していいと許可のあったオブジェ類の中から石化したヒトデをあしらってみた。だが取って付けたようなオブジェが自分にはなじまない。カトラリーやカップのほうが良かったな。

対角線の構図で少し絞った。光は左下から右上へ指していて印影もあるが、やっぱり暗いな。もっとプラス補正すべきか、絞り開いたほうが良かったか。その江先生はレフ版を使うとよい、と教えてくださった。スイーツは明るい方が美味しそうに見えるそうだ。だいぶ経ってから画像を確認しだしたが、暗いのが多くてピンボケだったので慌てて連写にしてみた。そして後半には室内の照明を消灯しての撮影タイムもあった。

高円寺レンタルカフェ Livingood
高円寺レンタルカフェ Livingoodにて
f/8 1/50秒 補正+0.3 ISO-400 焦点距離70mm
ガラステーブルの映り込みという視点は良いと思うが、詰め切れてない。ケーキの向きをいろいろ変えて撮ってもガラステーブルに写った葉っぱが見えなくなってしまう。もっと粘りたいと思ったが残り5分と言われたのでどうしようもなかった。

撮影時間の1時間というのはあっという間で、絞りや露出補正変えたり、立ち位置変えての忙しい撮影だった。。。充実していたのかと言うと、結果は悲惨なほどどれも詰めが足りない。あーすりゃ良かった、こうもしておくんだったと後悔ばかり。

先生の講評を受けるのも初だった。
「ネガティブなことは自ら口にしないをモットーに」と、いうことでまずは自分がどういう趣旨で撮影したかを発表。その後の先生の講評だった。

私が選んだのは上の2枚。
その江先生は猫カフェ講座もあるの。
静物も撮れないのに動きものは無理だよね。
もちょっと我慢すっかな。。。

そして帰りには、少し会話していた先輩マダムと高円寺阿波踊りを撮りに行ってみる。場所取りはどこでも早くから始まっているので、5時から撮ろうと思っても踊っている所は無理だった。ただ、待機中の踊り子さんたちにお願いして撮らせてもらった。

お祭りを撮る時の注意として、踊り子さんたちは原則として撮られる事を前提としているらしいので断らなくても撮っていいそうだ。お願いしてポーズをとってもらってもいいそう。皆さん、嫌がらずにポーズとってくれたありがとう。下手な写真でごめんね。先輩マダムは素晴らしい構図で撮っていたよ。具志堅さんもお目見えしていた。

高円寺阿波踊り

高円寺阿波踊り

高円寺阿波踊り

高円寺阿波踊り