Agapanthus ‘Shihoden’ アガパンツス ’紫宝殿’ (しほうでん)

Agapanthus ‘Shihoden’
アガパンツス ’紫宝殿’ (しほうでん)

背が高くなる多年草の中でも、1メートル以上ある花茎が強くて折れないことが分かった。

数日間も強風が続いたのだけど、わが庭ではこのアガパンサスとヘメロカリスは花茎が一切折れなかった。

ヘメロカリスの厚い花弁は折れたりベロベロに傷んだが、花が大きいので仕方ない。

アガパンは花弁は薄いが1個の花が小さいのでダメージはほとんどなかった。
ギリシャ語で愛の花という意味らしいけどアガパン最強説を証明した。
愛の花は強し。

2件のコメント

  1. くらちゃん

    一昔前?に種を頂きました。
    細々と生き延びてくれてて今年も開花してくれました。
    よく見るアガパンサスより花色が濃くて少し小型に育ってます。
    鉢植えですが・・・
    いつも珍しい花を有難うです。

  2. えぇ~、くらちゃんのところにタネが行ってましたか。
    スゴく大きくなって手を焼きますよ。
    だから鉢植えでいいと思います。
    いつもその後の様子など知らせてくださってありがとうございます。

    我が家のは20年以上前に1株だけ買って植え付けたものです。
    忘れもしません、改良園さんで1株1500円だったかな。
    2ー3年ぐらいして開花が始まったと思います。

    それが今ではぐちゃぐちゃに根が絡まって2メートル以上の幅に成長し、ノコギリで株分けしてます。放任の結果です。
    ご近所にもずいぶん分譲しました。

コメントは受け付けていません。