今朝ハサミが見つかった。やっと気持ちが落ち着いた。最近蒔き床のエスコルチアに元気が無いと思ったら、子葉が黄色く枯れてきている。本葉はやっと2枚というところだ。これは5cm角のマスが連結した緑のセルトレーに蒔いたのだが、土がたっぷりと入るので逆にいえば根が回るほど大きくなるには日数がかかると思っていたので気をつけていなかった。試しにセルトレーから抜いてみると根は長く伸びて下のほうで回っていた。しかし横にはほとんど張り出していない。カリフォルニアンポピーというし他のポピーと同じで直根性ということか。結局ポット上げした。根が横に張り出していないので肩のところの土は軽く落とし肥料の入った用土に植えた。気をつけてコンテナを見ると、こぼれ種子で発芽したエスコルチアのほうが断然生育がいいのに驚く。

ビオラは大方発芽率は良かったが唯一、ブラックジャックが発芽率がよくない。タネを配布した方へ、ごめんなさい。その他は宿根ビオラといわれるものも良くない。これもメーリングリストではタネが出来にくいと言われていたし、不稔性というものだろう。