HTML5&CSS3デザインレシピ集 狩野祐東著 技術評論社」という本を買った。HTML5.1準拠で、まだ数ページしか読んでいないが、まるで学校の授業のように分かりやすく書かれていた(私には)。

初心者向け手書きHTMLの本を買ったのはもう十年数年も前だろうか。HTMLもXHTML1.0Transitionalだったような気がする。この間処分してしまった。

最近、自サイトをSSL化したこともあってHTMLの見直しをしている。タグを手書きしようにもHTMLやCSSのネット検索だけでは限界があり、理解できない事もある。

たった一枚のインデックスページが思うように表示されないのでイライラした。プリムラのページのFlashは動いたのでありがたかったが、やはり目次はちょっといじったらぐちゃぐちゃに。。。

もう本を買うしかないわ!

アマゾンで検索したら一般向けのが結構あった。10年以上前はこんなになかったと思う。中身を見てから決めたいので本屋を2軒回ってこれにした。

ワードプレスも進化してPHP追いつけないので、PHPの初心者向けの本も買った。

そしてXAMPPも入れたのよ。なるべく頑張りたい。

seedsman.jpのトップページはなんとか思い通りに表示できた。肝はCSSの上書きルールで「詳細度」というのが決まっているのだった。

セレクタclassよりidのほうが強いのはやっているうちに何となく実感していたが、この本によると、詳細度はclassが10でidは100だった。何となくじゃダメね。

そしてなんと、style属性がついてるタグは1000だった。
あ~、それでワードプレスの記事投稿で入れると絶対に効くんだね。

ひさびさに買って良かったと思える本だった。