Win10のVAIOになってからHTMLをTeraPadから開くことが出来ない。自己解凍ファイルとしてその都度インストールしてるよ。

だが、開いたTeraPadの新規ファイルにコピぺ、またはファイルを開くから仕事はできる。面倒で仕方ないが、HTMLやPHPにはMicrosoftからダウンロードできるVisual Studio Codeというのを使っている。他に軽くて良いのがあったら教えてほしいわ。

そして、これでCSSファイルをいじってCSS形式で保存したのに、ファイル形式が違ってしまうらしく(アイコン違ってた)参照しなかった。しかたなくメモ帳で保存しなおすとちゃんとCSSファイルとして参照してくれた。

TeraPadならテキストでもHTMLでもPHPでも保存できたのに。あーメンドクさ。

プラグインで本文内のURLを変更させたかったが、うまく仕事してくれない。マックスのページサイズがなんちゃらとメッセージ出る。そうね、画像投稿数が多いから仕方ないな。でメールしたら、PHPの上限値を変えてやってみてとお返事来たのでありがとうね。

そういえば、上限40Mって以前に耳にしたことあるな。

教えてくれるサイトありました。

WP_MEMORY_LIMIT = PHPが使用するメモリの上限を決める値
WP_MAX_MEMORY_LIMIT = 管理者タスクを実行時にPHPが使用するメモリの上限を決める値

だそうです。ありがとうございます。

wp_includes/default-constants.phpの35行目から54行目
40Mを128Mに変更してみた。

// Define memory limits.
if ( ! defined( ‘WP_MEMORY_LIMIT’ ) ) {
if ( false === wp_is_ini_value_changeable( ‘memory_limit’ ) ) {
define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, $current_limit );
} elseif ( is_multisite() ) {
define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, ’64M’ );★★★デフォルトでマルチサイトは64M★★★
} else {
define( ‘WP_MEMORY_LIMIT’, ’40M’ );★★★デフォルトでシングルサイトは40M★★★
}
}

if ( ! defined( ‘WP_MAX_MEMORY_LIMIT’ ) ) {
if ( false === wp_is_ini_value_changeable( ‘memory_limit’ ) ) {
define( ‘WP_MAX_MEMORY_LIMIT’, $current_limit );
} elseif ( -1 === $current_limit_int || $current_limit_int > 268435456 /* = 256M */ ) {
define( ‘WP_MAX_MEMORY_LIMIT’, $current_limit );
} else {
define( ‘WP_MAX_MEMORY_LIMIT’, ‘256M’ );★★★デフォルトで上限は256M★★★
}
}

以前にWPのアップデートしたとき、エラーとなって画像が表示されなくなってしまったことがあった。一部のアップロード済み画像が無くなり、あの時は焦った。ファイルは数が多くていつもバックアップしきれずに中途半端で終わっていたから。

WPのご厚意か?部分的にアップロードファイルが勝手に別のフォルダにコピーされてた。あれは今考えても不思議。しかし、無くなったものもあり。それは取り戻せない。

自分でバックアップしておいた画像だけは再アップして助かったが、別のまったく違うフォルダを作って再アップした。一部表示されない画像もあると思っているが放置。

サーチリジェックスがまだエラーになってなくて、本文の画像URL置換作業は順調に進みとても助かった。その画像は検索すれば今でもちゃんと見ることが出来る。WP内だからか、ダッシュボードで全く登録したことないフォルダの中の画像でも参照している。

SSHでバックアップするとき、アップロードした画像ファイルの数が多いのでuploadフォルダは途中でタイムアップだったが、毎月のフォルダごとに細かくバックアップするしかない。

いろいろ検索するうち、ルート相対URLが使えると書いてあるサイト様があってびっくりした。それならドメイン変更したって置換する必要ないね。