Primula darialica プリムラ ダリアリカ
タネの入手先:American Primrose Society (US)
タネ蒔き:2004年9月25日 発芽:2004年10月8日(播種後13日)
ポット上げ:2004年12月14日
植替2回:2005年5月29日,2005年10月21日
開花:2006年4月3日から

Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.8)
2006年4月8日 我ながら見惚れてしまうほどきれい。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.3.28)
2006年3月28日 (発芽後1年と171日,ポット上げ後1年と104日) 1年以上も待たされて、やっと蕾が色づいてきてうれしい一瞬。(*^_^*)
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.2)
2006年4月2日 (発芽後1年と176日,ポット上げ後1年と109日) 横からも撮影。花茎は短く、がっしりしまった感じ。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.3)
2006年4月3日 (発芽後1年と177日,ポット上げ後1年と110日) やっと開花した。花は淡桃紫色、目は黄色ではっきりしている。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.4)
2006年4月4日 花が一輪一輪増えていって、毎日見るのが楽しい。(*^^)v
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.4)
2006年4月4日 花茎と萼片にもファリナ(粉状物質)がたっぷり。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.8)
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.9)
2006年4月9日 後ろから少しだけ光が透過する様子も素敵でしょ。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.11)
2006年4月11日 洋書PRIMULA (John Richards著) によれば、自生地は中央および東コーカサス山脈の樹木でおおわれた峡谷の中の湿った岩陰だそう。また、Primula frondosaPrimula algida と混同されている事が多いとも。これはアメリカプリムラ協会からのタネなので品種違いはないと思うが、栽培種は往々にして交雑もあり得るので何とも言い難い。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.11)
2006年4月11日 花は茎の頂点にぐるっと輪生状につく。でも皆、光の強いほうを向いてしまうのよね。(*_*;
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.13)
2006年4月13日 まだ開花が始まってから10日だというのに、ほぼ満開かなぁ。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.13)
2006年4月13日 葉の様子も。表面にはほんの少しだけファリナが残っているようだがほとんど無い。ジョウロで頭から水をやるのと、気温が上がってきたせいでこの時期には防寒コートとしてのファリナは不要となり、また、光合成を進めるためにもファリナは不要となるからか。
Primula darialica
プリムラ ダリアリカ (2006.4.13)
2006年4月13日 葉裏にはたくさんのファリナがまだ残っている。葉脈もくっきり浮き出てきれい。ファリナがなるべく落ちないように触るときはそっと。