スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影 Sモード
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影 Sモード
シャッタースピードは30秒から1/8000まで変更できる
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影 Pモード
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影 Mモード
SnapBrigeでZ6のリモート撮影
スマホアプリ SnapBrige 2.5.4 でZ6のリモート撮影 Aモード

wi-fi接続がスンナリできなかった。イライラ~~。
オリンパスでは難なく出来たんだけどね。
高機能は取り扱うこちらも大変だわー。

Nikon Wireless Transmitter UtilityというソフトでZ6とPCをペアリングさせる(両方に登録する)わけだがチャッチャとできなかったのね。インフラストラクチャはセキュリティが強いが、とりあえず直接つながるwi-fi direct(ネットワーク接続は切れるが)だけでいい。外出先でもwi-fi directのほうがBluetoothより早く転送できるでしょ?たぶん。。。

あ、外出先にこの重いカメラとPC持っていくことはないナ。

数回うまくいかず繰り返して分かったのは、Wireless Transmitter Utilityを起動したとき、1/16のWireless Transmitter Utilityへようこそ!(16ページ設定のうちの1ページ目)が出たらいったんWireless Transmitter Utilityを終了させて再起動させることだそう。

1/5(5ページ設定のうちの1ページ目)のWireless Transmitter Utilityが出たらカメラをすぐに認識してペアリングした。USBケーブルも使わなくて済んだ。やっぱダイレクトね。

でも一回PCのwi-fiを切断したかも。その後もいったんカメラでPC接続が切れると、PCのwi-fi設定でSSIDを選択してもずっと接続待機中になって繋がらないことが多い。いったんPCのwi-fi接続をオフにすると(他の接続に切り替えてもダメ)すぐにカメラと接続できるようだ。

PCのほうのフォルダー設定も初期はWireless Transmitter Utilityになっていて、変更したい場合はWireless Transmitter Utilityの設定途中に出てくるヘルプを読んで、ってあんまりじゃない。もっかい設定はすべてやり直しだった。最初からやり直さなくても、Wireless Transmitter Utility 1/16 ようこそ!から「無線接続」を選択、4-5ページ目くらいに「フォルダー設定」があるのでそれを選択して、次へを繰り返して終了したらフォルダー変更できた。

最後までガイド読まないと、やり直ししなきゃいけないって不親切じゃない?
流れに沿ってやるんだからさ。。。
できれば、ネットワーク設定ガイドのの途中途中に注意書きしてほしかった。

スマホ接続はPC接続より先にやった。難しくはなかったが、以前のソフト Wireless mobile utilityではなく、Zシリーズや最新一眼デジ用のSnapBrigeというソフトを使う。よってWmuの自動接続をオフにしてからだった。他の旧バージョンのカメラはWmuを使うのでそのまま残しておく。

SnapBrigeでリモート撮影を早速やってみると、BluetoothからWi-fi Directに切り替わる。いざ撮影よ。撮影モードは「M,S,A,P」の四つ。オートやユーザーセッティングは使えない。それは別にいいわ。

最新バージョンなのになんと
スマホで任意の場所にピント合わせができない
指タッチでは合焦点が四角く表示されるが、その枠が白い。
ピントが合えば緑になるはず、合わない時は赤枠になるはず。
ファインダー代わりの画面をピンチして画面拡大もできない。
ISOがAutoに固定されてるのでカメラ設定を引き継ぐだけか。

ピントもカメラで合わせておけってか。。。
じゃスマホはワイヤレスレリーズの代わりってだけだな。

これじゃスマホでわざわざリモート撮影はしたくない。
SnapBrige 2.5.4は今のところ画像の確認と転送にしか使いたくない。

カメラの機種によって、使える機能と使えない機能があるとは書かれていたがオリンパスのが使いやすかったのでつい比較してしまうわ。

それとも、カメラの設定でピント合わせとISO設定もスマホで変更できるようになるだろうか。もっと良く設定を見直そう。