使用しなくなるスマホで、スイカモバイルICカードの残高や個人情報をJR東日本のサーバーに預ける。預けている間はスイカが使用できないので新スマホに通信ICカードを挿入する直前に作業し、通信ICカードを入れたらサーバーから情報を新スマホに戻す。

グーグルでChromeのログインパスワードをたっくさん保存している。もう、いちいちパスワードをメモりたくない。メモっておく方が万が一の時は安全だと分かってはいる。だが最近はクロームでパスワードを自動生成してくれる。その時にはモーダルウィンドウが「このパスワードを保存する必要はない」と、大言壮語!

じゃ、信じるしかねぇ~~。

信じるぞ~~!!

メモらないぞ!

あと、イオン系アプリのIDもいっぱいあるんだ。常用しているのでこれ落としたら不便極まりない。だがこれは預けなくとも再ログインだけでオッケーらしい。あ、今確認したら機種変後もなんとかなりそうだが、一応機種変前の引継ぎ作業も載っていた。イオンお買い物アプリからマイページ→機種変更前の引継ぎ方法→で確認できた。

1.お買い物アプリ→マイページ→下の方にあるアプリ会員番号とPINコードをメールにて送信する。

2.新スマホでメールに記載されているアプリ会員番号とPINコードを入力し引き継ぐ。

じゃらんもポイントあるんだけどこれも再ログインでいいと。ヤフーや楽天も同様。auもだからグーグルアカウントのパスワードマネージャは必須よ。

Android でのエクスポート

Google → Google アカウント → Google アカウントの管理 → [タブ] セキュリティ → [下の方までスクロール] 保存したパスワード → パスワードマネージャー → > → [右上の設定歯車アイコン] → パスワードをエクスポート(任意のフォルダを選択) → Google Passwords.csv で保存

パソコン

  • パソコンで Chrome を開きます。
  • Chrome にログインしていることを確認します。
  • ウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成します。
  • パスワード入力欄 次に [安全なパスワードを自動生成] をクリックします。
  • このオプションが表示されない場合は、パスワード入力欄を右クリックして [パスワードを生成] をクリックします。
  • パスワードがプレビュー表示されたら、[提案されたパスワードを使用] をクリックして確定します。
  • アカウントの作成を完了します。

Android

  • Chrome で同期をオンにします。
  • ウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成します。
  • パスワード入力欄をタップします。
  • [安全なパスワードを自動生成] をタップします。
  • このオプションが表示されない場合は、パスワード パスワードを保存 次に [安全なパスワードを自動生成] をタップします。
  • パスワードがプレビュー表示されたら、[パスワードを使用] をタップして確定します。
  • アカウントの作成を完了します。
  • 生成したパスワードは Google アカウントに自動的に保存されます。

Categories:

Tags:

Comments are closed