Agapanthus ‘Shihoden’ アガパンツス ’紫宝殿’ (しほうでん)
Agapanthus ‘Shihoden’
アガパンツス ’紫宝殿’ (しほうでん)

超大型のアガパンサス。花茎1メートル、葉長60センチ以上、花冠の直径15センチ以上もある。濃い青紫のアガパンサスは滅多にない。だが花は1個ずつ咲き進むし、小花梗というのか花の付け根の下にある茎の部分が4-5センチあるのでスカスカな感じ。

大型過ぎて最近は持て余している。

根はラン科のように白くて太い多肉質。古い株の上に新しい株が育ち、を繰り返しているので放任していたらもうほぐせない。のこぎりで切るしかない。掘り上げられない。どんどん広がって場所をとる。