学 名 Cistus incanus
キスツス インカヌス
異 名 Cistus creticus
キスツス クレティクス
Cistus villosus
キスツス ヴィロースス
科 名 ハンニチバナ科 Cistaceae
英 名 Rock rose ロックローズ
Soft-Hairy Rockrose ソフトヘアリーロックローズ
Pink rockrose ピンクロックローズ
属 名 キスツス属(ゴジアオイ属) Cistus
分 類 叢状の常緑小低木
大きさ H50m x S30m ~
撮影日 2008-05-06
シスタスは乾燥した場所や岩の多い土壌で、ポルトガルやモロッコやカナリア諸島から、中東にかけての地中海地域全体に分布する常緑灌木。

タネ蒔き二年目には開花となり、その成長の早さにびっくりした。潅木なので開花株となるには数年を要すると思っていた。花の直径5-6cmで、花弁はシワシワになって萼につつまれていた。それが開いてくるとまるでポピーのような質感の花となった。葉長6-7cm、葉には全体にやわらかい毛が生えていて灰色がかって見える。花も葉もアルビダス種とそっくりだが、アルビダス種のほうが株がそれほど大きくならないかもしれない。

イスラエル花図鑑(オーリー・フラグマン/廣部千恵子著(株)ミルトス発行)という本によれば、その写真からCistus creticusに酷似している。Cistus creticusで検索すればまさにその通りのようである。タネの販売元のB&Tのラベル違いであろうか。良く検索するうち、異名 syn. と分かった。creticusとはラテン語でクレタ島のという意味があるが、現在では世界中の栽培適地に帰化しているようである。







cistus_incanus090511-2.jpg